悪魔ハンター桐嶋ローダVS八咫烏

「ろーだいありー」にて連載中の「『超國家機関ヤタガラス』はなぜ怖ろしいのか?」の外伝ブログです。Google+のコミュニティ「ヤタガラスに抗う会」の後継ブログでもあります。

『日本のいちばん長い日』・その2

昨日の記事。 kirishimaloda6915.hatenablog.com これの続きを。 よく考えると、『デビルサマナー葛葉ライドウ対超力兵団』(以下『超力兵団』)の二周目を始めたのが2017年であるが(最初にクリアしたのは2009年)、『日本のいちばん長い日』を映画館で観た…

『日本のいちばん長い日』

昨日のBS-TBSで『日本のいちばん長い日』(2015年)をやってたので、つい観てしまう(三年ほど前に地上デジタルでやってた時も観たのに…。実はDVDも買ってあるのに…)。何度観ても面白い。すごく好き(最も好きな日本映画は『キャタピラー』なのだけど)。本…

自由主義史観は沖縄蔑視の歴史観だから…(終戦の日に因み…)

今日は終戦の日ということで、この話を。 たとえフィクションであろうとも、「自由主義史観」を取り入れて欲しくないと思う理由をさらにあげておくと、「沖縄蔑視の歴史観」でもあるからだ。 沖縄戦では「集団自決」をした住人が数多く居たというが、それは…

なぜ「ヤタガラス」が日本を護るという設定なのか?

これは本家「ろーだいありー」の「『超國家機関ヤタガラス』はなぜ怖ろしいのか?」シリーズでも少し触れたことがあるのだが、改めて。いずれは本家でもっと深く掘り下げたい。 『デビルサマナー葛葉ライドウ対超力兵団』に出てくる組織「超國家機関ヤタガラ…

「所詮ゲームだからごちゃごちゃ言うな」という意見への反論

過去の記事。 kirishimaloda6915.hatenablog.com 今回はこれと似たような話である。私は『デビルサマナー葛葉ライドウ対超力兵団』(以下『超力兵団』)の世界観や歴史観、シナリオにはいろいろ問題が多いと考えている。特にヤタガラス(天皇崇拝団体)のこ…

原爆の描写について(長崎原爆の日にちなみ…)

今日は「長崎原爆の日」であり、テレビでよく「原爆」についての話が放送される時期でもあるので、この話もしておこう。いずれは本家「ろーだいありー」の「『超國家機関ヤタガラス』はなぜ怖ろしいのか?」で詳しくやるつもりである。 『デビルサマナー葛葉…

暗い未来しかないのに「元気が出る」とはどういうことだ…

過去記事二つ。 kirishimaloda6915.hatenablog.com kirishimaloda6915.hatenablog.com 『デビルサマナー葛葉ライドウ対超力兵団』(以下『超力兵団』)のコンセプトには「元気が出るようなゲームを作る」といったものもあったらしい、という話。これをさらに…

特定の思想の人たちを傷つけておいて「元気が出る」とは…

昨日の記事。 kirishimaloda6915.hatenablog.com 『デビルサマナー葛葉ライドウ対超力兵団』(以下『超力兵団』)のコンセプトに「元気が出るゲームを作る」というものが含まれるらしい、っていう話。これをさらに続けてみる。 『超力兵団』の第七話(「天皇…

このゲームのコンセプトは…、やはりそういうことだったのか…!

何気に『メガテン』シリーズについてネットで検索をしてみたのだが、ひとつだけ初めて知って面白いと思った事実がある。 『デビルサマナー葛葉ライドウ対超力兵団』(以下『超力兵団』)のコンセプトの中には、「暗い世の中だからこそ、元気が出るゲームを作…

旧日本軍に対する批判はあまり見受けられない…

『デビルサマナー葛葉ライドウ対超力兵団』では、「旧日本軍に対する批判」はあまり見られないように思う。ごく一部のセリフ(大抵はNPCのセリフ)にはそれらしいものもあるが、「旧日本軍を徹底批判する」ような描写は無いに等しい。 やはりこれは、旧日本…

本家「ヤタガラスはなぜ~」シリーズ第五回目以降の改定について

以前の記事二つ。 kirishimaloda6915.hatenablog.com kirishimaloda6915.hatenablog.com 本家「ろーだいありー」の「『超國家機関ヤタガラス』はなぜ怖ろしいのか?」シリーズの改定を行なってきたのだが、今回は第五回目、第七回目、第八回目の改定も終了し…

本家「ヤタガラスはなぜ~」シリーズ第二回目の改定について

先ほどの記事。 kirishimaloda6915.hatenablog.com これを書いてから、「ヤタガラスはなぜ~」シリーズのうち、第二回目も修正・改定していたことを思い出したので、追加しておこう。 シリーズ記事「『超國家機関ヤタガラス』はなぜ怖ろしいのか?」・第二回…

本家「ヤタガラスはなぜ~」シリーズ第三回目・第四回目の改定について

本家「ろーだいありー」の、「『超國家機関ヤタガラス』はなせ怖ろしいのか?」シリーズのうち、第三回目と第四回目について修正・改定を行なったのでお知らせする。 シリーズ記事「『超國家機関ヤタガラス』はなぜ怖ろしいのか?」・第三回目 - ろーだいあ…

グロテスクでトラウマなゲーム

ネットなどでよく「このゲームのここがグロい」とか、「このゲームはトラウマゲーム」という話は見かけるが、私にとってはこの『デビルサマナー葛葉ライドウ対超力兵団』(以下『超力兵団』)がいちばん「グロくて(はじめから「グロテスクな表現が含まれま…

天皇崇拝と歴史修正(改竄)主義の親和性

本家「ろーだいありー」で忙しくて、こちらは更新できなかったのだが、久々に書く。 本家では日本軍「慰安婦」問題に関する本のレビューを多く書いてきたが、なぜこのテーマかというと、これは歴史修正(改竄)主義とも関わるものだからである。「日本軍「慰…

本家でやってる日本軍「慰安婦」問題に関する本のレビューに関して…

本家「ろーだいありー」では、日本軍「慰安婦」問題に関わる本のレビューをずっとしてきたのだが、これに関連してこちらでも少し書いてみよう。 『デビルサマナー葛葉ライドウ対超力兵団』で、遊郭を出すのは問題だとしているのは、以前も書いたようにこれが…

「日本はいつまで過去にこだわるのか」と思う外国人も居るのだろうけど…

世の中には色々な考えの人が居るのは事実である。日本軍「慰安婦」問題にせよ、日本がかつてやった「植民地支配」の問題にせよ、考えは色々であろう。まあそれはそれでいい(右派の歴史修正(改竄)主義はどうあっても良くないけど)。 ただちょっと気になる…

「ヤタガラスはなぜ~」の改定及び、本家の記事について

本家「ろーだいありー」で連載中の、「『超國家機関ヤタガラス』はなぜ怖ろしいのか?」シリーズのうち、一部の回を改定したのでお知らせしよう。これ以外も順次改定する。基本は、「参考文献」などの欄を一部修正したことである。 シリーズ記事「『超國家機…

フィクションの歴史観を信じる人たちは確かに居るのだ…

以前の記事。 kirishimaloda6915.hatenablog.com この中で、「フィクションの歴史を鵜呑みにする大人はまず居ないだろう」といったことを書いたが、しかしよく考えると、賢明な大人でも「司馬遼太郎」の小説の歴史観(よく「司馬史観」と呼ばれる)が正しい…

「普通の人々」の歴史観でさえも…?

右派の歴史修正(改竄)主義にハマる人々、「嫌韓・嫌中」にハマる人々の歴史観・民族観が歪んでいるのは分かるが、しかし不安なのは、そういうものに特別に凝っているわけでもなく、右翼でもない「普通の人々」であっても、「この人の歴史観・民族観はちょ…

フィクションの歴史を鵜呑みにする人はまず居ないだろうけど…

『デビルサマナー葛葉ライドウ対超力兵団』の歴史観はあくまでフィクションだから、現実とフィクションの区別が付く賢明な人であれば、そのまま信じ込むことは無いだろう、というのは分かっている…(ただし、まだ区別の付きにくい子どもたちはどうだろう…?…

続編では銃の仕様まで変わっているわけだが…

『デビルサマナー葛葉ライドウ対アバドン王』(以下『続編』)では、前作『デビルサマナー葛葉ライドウ対超力兵団』(以下『超力兵団』)とは「銃」の仕様まで変わっている。『超力兵団』では、ショップで銃弾を逐一補充する必要があったが(悪魔を倒すと弾…

続編では悪魔会話があるが、なぜそうなったかの説明は?

『デビルサマナー葛葉ライドウ対アバドン王』(以下『続編』)では、悪魔会話で悪魔を仲魔に出来るようになったのは良いが、『デビルサマナー葛葉ライドウ対超力兵団』(以下『超力兵団』)にある「封魔」がなぜ無くなったかについて、納得出来る説明がゲー…

続編は矛盾が多いのはどういうことか?

『デビルサマナー葛葉ライドウ対アバドン王』(以下『続編』)では、ネコのゴウトの喋り方や性格が、前作の『デビルサマナー葛葉ライドウ対超力兵団』(以下『超力兵団』)に出てくるゴウトとは明らかに異なるのはどういうことか…。たしか『続編』では、ゴウ…

このゲームは全体的にも、部分的にも問題があるので…

私としては、かつての「悪書追放運動」などのように、作品の全体を見ずに部分だけを見て「これは良くない」と批判することはしたくないのだが…。ただ『デビルサマナー葛葉ライドウ対超力兵団』の場合、「そもそも、ゲームのコンセプトやテーマ、シナリオ全体…

第七話の怖ろしさが分かるのは、ディープなメガテニストだけなのだろう…

『デビルサマナー葛葉ライドウ対超力兵団』の、第七話の問題については本家「ろーだいありー」の「『超國家機関ヤタガラス』はなぜ怖ろしいのか?」シリーズを参照して欲しいが、さらにもう少し書いておきたい。 よく考えると、この話のおぞましさ・怖ろしさ…

「支配者の視点からしか見ていない」のが問題だが、これは実は…

『デビルサマナー葛葉ライドウ対超力兵団』の、日本の歴史の描き方やメインシナリオで問題なのは、「強者・支配層(天皇家)の視点でしか物事を見ていない」ということだと思う。「民衆の視点がメイン」ではないのだ。天皇崇拝の「ヤタガラス」を味方として…

「遊郭」の問題点をさらに言うと…

以前の記事二つ。 kirishimaloda6915.hatenablog.com kirishimaloda6915.hatenablog.com 『デビルサマナー葛葉ライドウ対超力兵団』に出てくる「遊郭」に関する描写の問題点を書いてきたが、もう少し続ける。 前も書いたように、遊郭には「ニッポンの風俗っ…

「日本の民衆は天皇に導かれるのが正しい」とでも言うのか?

これはまたいずれ、本家ブログで詳しくやるかも知れないテーマである。 この『デビルサマナー葛葉ライドウ対超力兵団』の設定で非常に問題なのは、「主人公が『天皇を崇拝し、守護する団体(ヤタガラス)』の配下である」ことなのだが、これにはいくつかの理…

沖縄のことも無視している点は問題だと思う

『デビルサマナー葛葉ライドウ対超力兵団』のシナリオ描写では、中国や韓国などのこと(日本以外のアジアのこと)は無視しているとしか思えないのが問題だと考えているが(詳細は本家ブログで)、もうひとつ言いたいのは、「沖縄のことも無視しているのは問…