悪魔ハンター桐嶋ローダVS八咫烏

「ろーだいありー」にて連載中の「『超國家機関ヤタガラス』はなぜ怖ろしいのか?」の外伝ブログです。Google+のコミュニティ「ヤタガラスに抗う会」の後継ブログでもあります。

ようやく「ヤタガラスはなぜ怖ろしいのか」九回目の清書を始める

以前の記事。 kirishimaloda6915.hatenablog.com これの続きなのだが、最近ようやく「ポメラ」で書いていた「『超國家機関ヤタガラス』はなぜ怖ろしいのか? 第九回目」の下書きをパソコンに移し、ワードで清書する作業を始めた。これが出来上がれば、あとは…

最終話のセリフ書き起こし完了(だいたいは…)

以前の記事。 kirishimaloda6915.hatenablog.com さて、これの続きなのだが、昨日あたりでようやく『デビルサマナー葛葉ライドウ対超力兵団』第拾弐話のラストダンジョン内でのセリフについては、ほぼ書き起こし完了したということで…。ずいぶん時間がかかっ…

最終話のセリフの書き起こし作業

先日、本家「ろーだいありー」で今後書くことにしている「『超國家機関ヤタガラス』はなぜ怖ろしいのか?」第九回目の準備を本格的に始めたと書いたのだが、現在の進行状況をお伝えしておこうと思う。 今現在は、以前撮っておいた『デビルサマナー葛葉ライド…

「ヤタガラスはなぜ怖ろしいのか?」第九回目の準備を本格的に始める

以前も書いたのだが、少し前から本家「ろーだいありー」でいずれ書く「『超國家機関ヤタガラス』はなぜ怖ろしいのか?」第九回目のための下準備をしている。 そして、昨日あたりにようやく本格的に準備ができた。 まずやることは…、以前録画しておいた『デビ…

ヤタガラスは「妖しい」ではなく「怪しい」…

『デビルサマナー葛葉ライドウ対超力兵団』は、日本的な「妖しさ」を前面に押し出そうとしたゲームであることは分かるが(他のメガテンよりもそう思える)、しかしはっきり言うと、天皇崇拝団体である「超國家機関ヤタガラス」は「妖しい」ではなく、「怪し…

大嘗祭

「天皇の儀式」に関する話。 www.tokyo-np.co.jp 『デビルサマナー葛葉ライドウ対超力兵団』に出てくる組織「超國家機関ヤタガラス」は、極右の天皇崇拝団体であることは間違いないのだから、このような儀式を「神聖なもの」、「国民の安寧を祈るもの」とし…

なぜこのゲームをクリアしても、カタルシスを得られないのだろうか?

昨日の記事。 kirishimaloda6915.hatenablog.com この中で、『デビルサマナー葛葉ライドウ対超力兵団』(以下『超力兵団』)をクリアしても、私の場合はカタルシスが得られないといったことを書いているが、その理由について。 このゲームのエンディングは、…

本家ブログのためにまたラストバトルをする

本家「ろーだいありー」でいずれ書くであろう「『超國家機関ヤタガラス』はなぜ怖ろしいのか?」第九回目のために、『デビルサマナー葛葉ライドウ対超力兵団』(以下『超力兵団』)のラストバトルを再びやることにした。以下、プレイ記録。 まず、クリア手前…

「伽耶と戦う」のは「韓国と戦う」の比喩か?

いずれ本家「ろーだいありー」の「『超國家機関ヤタガラス』はなぜ怖ろしいのか?」でやりたいテーマである。 前も書いたが、『デビルサマナー葛葉ライドウ対超力兵団』のヒロインは「伽耶」であるが、これは「韓国」を意味すると考えていいのではないか、と…

宗像のセリフは沖縄の人の思いなのかも知れない…

過去記事二つ。 kirishimaloda6915.hatenablog.com kirishimaloda6915.hatenablog.com さらに沖縄について続けると、『デビルサマナー葛葉ライドウ対超力兵団』の宗像が第伍話で言う「…大和の民とは認められずにいた…」というセリフは、ある意味だと「戦後も…

ヤタガラスを滅ぼす話なら元気が出ると思うけど…

過去記事をいくつか。 kirishimaloda6915.hatenablog.com kirishimaloda6915.hatenablog.com kirishimaloda6915.hatenablog.com 『デビルサマナー葛葉ライドウ対超力兵団』のテーマのひとつは「元気が出るようなもの」であるらしい、っていう話の続き。 私と…

本家「ヤタガラスはなぜ~」第九回目執筆の目処が立ってきた話

本家「ろーだいありー」で「『超國家機関ヤタガラス』はなぜ怖ろしいのか?」シリーズの最新版(第八回目)を公開したのが2018年11月で、それから色々事情もあって第九回目はずっと書けないままだったのだが、最近になってようやく書けそうな目処が立ってき…

大正浪漫というよりはミリタリー趣味…

『デビルサマナー葛葉ライドウ対超力兵団』の世界観は、「大正浪漫風」なのが売りとされるが、確かにそういう部分はある…。私自身、レトロなものを好むので、その「大正浪漫風」な雰囲気は好きなのだが…。だが、最初のうちは確かにそんな雰囲気でも、話が進…

本当にヒロインを救うなら「家父長制」を滅ぼさねばならない

これはいつか本家「ろーだいありー」の「『超國家機関ヤタガラス』はなぜ怖ろしいのか?」で詳しくやりたいテーマである。 『デビルサマナー葛葉ライドウ対超力兵団』(以下『超力兵団』)において、天皇崇拝団体である「ヤタガラス」に仕える主人公が、「ヒ…

『日本のいちばん長い日』・その2

昨日の記事。 kirishimaloda6915.hatenablog.com これの続きを。 よく考えると、『デビルサマナー葛葉ライドウ対超力兵団』(以下『超力兵団』)の二周目を始めたのが2017年であるが(最初にクリアしたのは2009年)、『日本のいちばん長い日』を映画館で観た…

『日本のいちばん長い日』

昨日のBS-TBSで『日本のいちばん長い日』(2015年)をやってたので、つい観てしまう(三年ほど前に地上デジタルでやってた時も観たのに…。実はDVDも買ってあるのに…)。何度観ても面白い。すごく好き(最も好きな日本映画は『キャタピラー』なのだけど)。本…

自由主義史観は沖縄蔑視の歴史観だから…(終戦の日に因み…)

今日は終戦の日ということで、この話を。 たとえフィクションであろうとも、「自由主義史観」を取り入れて欲しくないと思う理由をさらにあげておくと、「沖縄蔑視の歴史観」でもあるからだ。 沖縄戦では「集団自決」をした住人が数多く居たというが、それは…

なぜ「ヤタガラス」が日本を護るという設定なのか?

これは本家「ろーだいありー」の「『超國家機関ヤタガラス』はなぜ怖ろしいのか?」シリーズでも少し触れたことがあるのだが、改めて。いずれは本家でもっと深く掘り下げたい。 『デビルサマナー葛葉ライドウ対超力兵団』に出てくる組織「超國家機関ヤタガラ…

「所詮ゲームだからごちゃごちゃ言うな」という意見への反論

過去の記事。 kirishimaloda6915.hatenablog.com 今回はこれと似たような話である。私は『デビルサマナー葛葉ライドウ対超力兵団』(以下『超力兵団』)の世界観や歴史観、シナリオにはいろいろ問題が多いと考えている。特にヤタガラス(天皇崇拝団体)のこ…

原爆の描写について(長崎原爆の日にちなみ…)

今日は「長崎原爆の日」であり、テレビでよく「原爆」についての話が放送される時期でもあるので、この話もしておこう。いずれは本家「ろーだいありー」の「『超國家機関ヤタガラス』はなぜ怖ろしいのか?」で詳しくやるつもりである。 『デビルサマナー葛葉…

暗い未来しかないのに「元気が出る」とはどういうことだ…

過去記事二つ。 kirishimaloda6915.hatenablog.com kirishimaloda6915.hatenablog.com 『デビルサマナー葛葉ライドウ対超力兵団』(以下『超力兵団』)のコンセプトには「元気が出るようなゲームを作る」といったものもあったらしい、という話。これをさらに…

特定の思想の人たちを傷つけておいて「元気が出る」とは…

昨日の記事。 kirishimaloda6915.hatenablog.com 『デビルサマナー葛葉ライドウ対超力兵団』(以下『超力兵団』)のコンセプトに「元気が出るゲームを作る」というものが含まれるらしい、っていう話。これをさらに続けてみる。 『超力兵団』の第七話(「天皇…

このゲームのコンセプトは…、やはりそういうことだったのか…!

何気に『メガテン』シリーズについてネットで検索をしてみたのだが、ひとつだけ初めて知って面白いと思った事実がある。 『デビルサマナー葛葉ライドウ対超力兵団』(以下『超力兵団』)のコンセプトの中には、「暗い世の中だからこそ、元気が出るゲームを作…

旧日本軍に対する批判はあまり見受けられない…

『デビルサマナー葛葉ライドウ対超力兵団』では、「旧日本軍に対する批判」はあまり見られないように思う。ごく一部のセリフ(大抵はNPCのセリフ)にはそれらしいものもあるが、「旧日本軍を徹底批判する」ような描写は無いに等しい。 やはりこれは、旧日本…

本家「ヤタガラスはなぜ~」シリーズ第五回目以降の改定について

以前の記事二つ。 kirishimaloda6915.hatenablog.com kirishimaloda6915.hatenablog.com 本家「ろーだいありー」の「『超國家機関ヤタガラス』はなぜ怖ろしいのか?」シリーズの改定を行なってきたのだが、今回は第五回目、第七回目、第八回目の改定も終了し…

本家「ヤタガラスはなぜ~」シリーズ第二回目の改定について

先ほどの記事。 kirishimaloda6915.hatenablog.com これを書いてから、「ヤタガラスはなぜ~」シリーズのうち、第二回目も修正・改定していたことを思い出したので、追加しておこう。 シリーズ記事「『超國家機関ヤタガラス』はなぜ怖ろしいのか?」・第二回…

本家「ヤタガラスはなぜ~」シリーズ第三回目・第四回目の改定について

本家「ろーだいありー」の、「『超國家機関ヤタガラス』はなせ怖ろしいのか?」シリーズのうち、第三回目と第四回目について修正・改定を行なったのでお知らせする。 シリーズ記事「『超國家機関ヤタガラス』はなぜ怖ろしいのか?」・第三回目 - ろーだいあ…

グロテスクでトラウマなゲーム

ネットなどでよく「このゲームのここがグロい」とか、「このゲームはトラウマゲーム」という話は見かけるが、私にとってはこの『デビルサマナー葛葉ライドウ対超力兵団』(以下『超力兵団』)がいちばん「グロくて(はじめから「グロテスクな表現が含まれま…

天皇崇拝と歴史修正(改竄)主義の親和性

本家「ろーだいありー」で忙しくて、こちらは更新できなかったのだが、久々に書く。 本家では日本軍「慰安婦」問題に関する本のレビューを多く書いてきたが、なぜこのテーマかというと、これは歴史修正(改竄)主義とも関わるものだからである。「日本軍「慰…

本家でやってる日本軍「慰安婦」問題に関する本のレビューに関して…

本家「ろーだいありー」では、日本軍「慰安婦」問題に関わる本のレビューをずっとしてきたのだが、これに関連してこちらでも少し書いてみよう。 『デビルサマナー葛葉ライドウ対超力兵団』で、遊郭を出すのは問題だとしているのは、以前も書いたようにこれが…