悪魔ハンター桐嶋ローダVS八咫烏

「ろーだいありー」にて連載中の「『超國家機関ヤタガラス』はなぜ怖ろしいのか?」の外伝ブログです。Google+のコミュニティ「ヤタガラスに抗う会」の後継ブログでもあります。

このゲームについて思うこと

ヤタガラスを滅ぼす話なら元気が出ると思うけど…

過去記事をいくつか。 kirishimaloda6915.hatenablog.com kirishimaloda6915.hatenablog.com kirishimaloda6915.hatenablog.com 『デビルサマナー葛葉ライドウ対超力兵団』のテーマのひとつは「元気が出るようなもの」であるらしい、っていう話の続き。 私と…

「所詮ゲームだからごちゃごちゃ言うな」という意見への反論

過去の記事。 kirishimaloda6915.hatenablog.com 今回はこれと似たような話である。私は『デビルサマナー葛葉ライドウ対超力兵団』(以下『超力兵団』)の世界観や歴史観、シナリオにはいろいろ問題が多いと考えている。特にヤタガラス(天皇崇拝団体)のこ…

暗い未来しかないのに「元気が出る」とはどういうことだ…

過去記事二つ。 kirishimaloda6915.hatenablog.com kirishimaloda6915.hatenablog.com 『デビルサマナー葛葉ライドウ対超力兵団』(以下『超力兵団』)のコンセプトには「元気が出るようなゲームを作る」といったものもあったらしい、という話。これをさらに…

特定の思想の人たちを傷つけておいて「元気が出る」とは…

昨日の記事。 kirishimaloda6915.hatenablog.com 『デビルサマナー葛葉ライドウ対超力兵団』(以下『超力兵団』)のコンセプトに「元気が出るゲームを作る」というものが含まれるらしい、っていう話。これをさらに続けてみる。 『超力兵団』の第七話(「天皇…

このゲームのコンセプトは…、やはりそういうことだったのか…!

何気に『メガテン』シリーズについてネットで検索をしてみたのだが、ひとつだけ初めて知って面白いと思った事実がある。 『デビルサマナー葛葉ライドウ対超力兵団』(以下『超力兵団』)のコンセプトの中には、「暗い世の中だからこそ、元気が出るゲームを作…

グロテスクでトラウマなゲーム

ネットなどでよく「このゲームのここがグロい」とか、「このゲームはトラウマゲーム」という話は見かけるが、私にとってはこの『デビルサマナー葛葉ライドウ対超力兵団』(以下『超力兵団』)がいちばん「グロくて(はじめから「グロテスクな表現が含まれま…