悪魔ハンター桐嶋ローダVS八咫烏

「ろーだいありー」の「『超國家機関ヤタガラス』はなぜ怖ろしいのか?」の外伝ブログです。主にPS2ソフト『デビルサマナー葛葉ライドウ対超力兵団』のことを書いています。

このゲームについて思うこと

『デビルサマナー葛葉ライドウ対超力兵団』について個人的に思うこと。

私はメガテニストだけど、多分他のメガテニストには嫌われる存在なのだろうと…

繰り返しになるが、この記事を貼っておこう。 kirishimaloda6915.hatenablog.com さらに繰り返すが、私はメガテニストだし、『デビルサマナー葛葉ライドウ対超力兵団』(プレイステーション2ソフト。以下『超力兵団』)と続編の主人公・ライドウのことは好き…

『メガテン3リマスター』発売後に不安が出てくることになろう…

ここ最近はこのブログも、本家「ろーだいありー」に負けず劣らず頻繁に更新しているが、それというのもこの記事にあるように…。 kirishimaloda6915.hatenablog.com 葛葉ライドウも出演している『真・女神転生3ノクターンマニアクス・クロニクルエディション…

ライドウよ、何ゆえお前は何度も私の目の前に現れるのだ…? といった話

先ほどある家電屋に行ったら、『真・女神転生3ノクターン HDリマスター』(PS4、Nintendo Switch)の広告らしきものを見つけてしまった…。10月発売予定だが、もう予約は受け付けているらしいな。と言っても、本体は持っていないし(両方とも)、オリジナル版…

アトラス社に意見を送ってみた

先日、『メガテン』の発売元である「アトラス」社に、「お問い合わせ」フォームから『デビルサマナー葛葉ライドウ対超力兵団』(以下『超力兵団』)及び続編に対する意見を送ってみた。どんな意見かを簡潔に書いておこう。 『真・女神転生3ノクターンマニア…

『超力兵団』を復刻しないで欲しいのは「自分にとって不快な表現をやめさせたい」からではなく…

最近の記事。 kirishimaloda6915.hatenablog.com kirishimaloda6915.hatenablog.com 葛葉ライドウも出演している『真・女神転生3ノクターンマニアクス・クロニクルエディション』(プレイステーション2ソフト)がリマスター化される(プレイステーション4、N…

『超力兵団』をまた最初からやってみたい、なんて思ったりする…

本家「ろーだいありー」では、「『超國家機関ヤタガラス』はなぜ怖ろしいのか?」というシリーズ記事を書き続けているわけだが、改めてこのシリーズ記事のことを説明しておくと、『デビルサマナー葛葉ライドウ対超力兵団』(アトラスのプレイステーション2ソ…

「嫌なら見なければいい」という意見は…

昨日も書いたように、『デビルサマナー葛葉ライドウ対超力兵団』(以下『超力兵団』)の最大の問題点は、「天皇崇拝の『超國家機関ヤタガラス』が味方であること」と、「第七話は『大正天皇を救わなければ進めない話』だということ」である。詳しくは本家「…

ヤタガラスを滅ぼす話なら元気が出ると思うけど…

過去記事をいくつか。 kirishimaloda6915.hatenablog.com kirishimaloda6915.hatenablog.com kirishimaloda6915.hatenablog.com 『デビルサマナー葛葉ライドウ対超力兵団』のテーマのひとつは「元気が出るようなもの」であるらしい、っていう話の続き。 私と…

「所詮ゲームだからごちゃごちゃ言うな」という意見への反論

過去の記事。 kirishimaloda6915.hatenablog.com 今回はこれと似たような話である。私は『デビルサマナー葛葉ライドウ対超力兵団』(以下『超力兵団』)の世界観や歴史観、シナリオにはいろいろ問題が多いと考えている。特にヤタガラス(天皇崇拝団体)のこ…

暗い未来しかないのに「元気が出る」とはどういうことだ…

過去記事二つ。 kirishimaloda6915.hatenablog.com kirishimaloda6915.hatenablog.com 『デビルサマナー葛葉ライドウ対超力兵団』(以下『超力兵団』)のコンセプトには「元気が出るようなゲームを作る」といったものもあったらしい、という話。これをさらに…

特定の思想の人たちを傷つけておいて「元気が出る」とは…

昨日の記事。 kirishimaloda6915.hatenablog.com 『デビルサマナー葛葉ライドウ対超力兵団』(以下『超力兵団』)のコンセプトに「元気が出るゲームを作る」というものが含まれるらしい、っていう話。これをさらに続けてみる。 『超力兵団』の第七話(「天皇…

このゲームのコンセプトは…、やはりそういうことだったのか…!

何気に『メガテン』シリーズについてネットで検索をしてみたのだが、ひとつだけ初めて知って面白いと思った事実がある。 『デビルサマナー葛葉ライドウ対超力兵団』(以下『超力兵団』)のコンセプトの中には、「暗い世の中だからこそ、元気が出るゲームを作…

グロテスクでトラウマなゲーム

ネットなどでよく「このゲームのここがグロい」とか、「このゲームはトラウマゲーム」という話は見かけるが、私にとってはこの『デビルサマナー葛葉ライドウ対超力兵団』(以下『超力兵団』)がいちばん「グロくて(はじめから「グロテスクな表現が含まれま…