悪魔ハンター桐嶋ローダVS八咫烏

「ろーだいありー」の「『超國家機関ヤタガラス』はなぜ怖ろしいのか?」の外伝ブログです。主にPS2ソフト『デビルサマナー葛葉ライドウ対超力兵団』のことを書いています。

このゲームの問題点・不満点

『デビルサマナー葛葉ライドウ対超力兵団』の問題点・不満点を記す。

正直「ダンテ」(『デビル・メイ・クライ』)のことはどうでもいい、私にとっての関心事は…

最近は、こっちのブログの方がメインの「ろーだいありー」より力が入っているような気がするなぁ…。 それはさておき、今日「ファミ通.com」で見つけた記事。 www.famitsu.com 『真・女神転生3ノクターン HDリマスター』(PS4、Nintendo Switch。以下『メガテ…

PS『ペルソナ2・罪』とDC『魔剣X』は封印作品であるなら、『超力兵団』もそうあって欲しい…

最近の記事。 kirishimaloda6915.hatenablog.com kirishimaloda6915.hatenablog.com 何度も言うが、葛葉ライドウがゲスト出演している『真・女神転生3ノクターン HDリマスター』(アトラス。PS4、Nintendo Switch)が発売されることは別に構わないが、ライド…

では「いつの時代なら『超力兵団』を世に出していいのか」と問われるならば…

しつこいけど、またこの記事を貼っておこう。 kirishimaloda6915.hatenablog.com 最近このブログでは、『デビルサマナー葛葉ライドウ対超力兵団』(アトラスのプレイステーション2ソフト。以下『超力兵団』)と続編については『真・女神転生3ノクターン HDリ…

私はメガテニストだけど、多分他のメガテニストには嫌われる存在なのだろうと…

繰り返しになるが、この記事を貼っておこう。 kirishimaloda6915.hatenablog.com さらに繰り返すが、私はメガテニストだし、『デビルサマナー葛葉ライドウ対超力兵団』(プレイステーション2ソフト。以下『超力兵団』)と続編の主人公・ライドウのことは好き…

今更だが安倍首相の「戦後70年談話」について…

今日は「長崎原爆の日」なのであった。去年の同じ日にはこんなことを書いていた。 kirishimaloda6915.hatenablog.com とりあえず今回は、朝日新聞の記事でも貼っておこう。 www.asahi.com しかし、最近の朝日はどうなのかねぇ…。昔はそれなりに良かったと思…

もしも『超力兵団』をフルボイス化したらもっとヤバそうだが…

今後発売予定の『真・女神転生3ノクターン HDリマスター』(PS4、Nintendo Switch)では、音声も追加されていると聞くが、私はゲームには音声など無い方がいいと思っているのだけどね…。好きなアニメのゲーム化作品は別として。 それで、ふと思った。私とし…

『超力兵団』が抱える問題は「この作品には不適切な表現が含まれますが~」で済むことではない…

以前の記事。 『メガテン3』のリマスター版が出る、だと…? - 悪魔ハンター桐嶋ローダVS八咫烏 『メガテン3マニアクス(ライドウ出演版)』だけ切り離して売るのはどういう意味があるのか? - 悪魔ハンター桐嶋ローダVS八咫烏 この中で、葛葉ライドウがゲス…

「製作者の意図」と「プレイヤーがどう思うか」は、また別の問題なのであって…

以前の記事。 『シャイニングフォース』をやっていてふと思ったのだが… - 悪魔ハンター桐嶋ローダVS八咫烏 『シャイニングフォース』をやっていてふと思ったのだが…・その2 - 悪魔ハンター桐嶋ローダVS八咫烏 この二つの記事で、『デビルサマナー葛葉ライド…

ヤタガラスは「妖しい」ではなく「怪しい」…

『デビルサマナー葛葉ライドウ対超力兵団』は、日本的な「妖しさ」を前面に押し出そうとしたゲームであることは分かるが(他のメガテンよりもそう思える)、しかしはっきり言うと、天皇崇拝団体である「超國家機関ヤタガラス」は「妖しい」ではなく、「怪し…

なぜこのゲームをクリアしても、カタルシスを得られないのだろうか?

昨日の記事。 kirishimaloda6915.hatenablog.com この中で、『デビルサマナー葛葉ライドウ対超力兵団』(以下『超力兵団』)をクリアしても、私の場合はカタルシスが得られないといったことを書いているが、その理由について。 このゲームのエンディングは、…

このゲームは全体的にも、部分的にも問題があるので…

私としては、かつての「悪書追放運動」などのように、作品の全体を見ずに部分だけを見て「これは良くない」と批判することはしたくないのだが…。ただ『デビルサマナー葛葉ライドウ対超力兵団』の場合、「そもそも、ゲームのコンセプトやテーマ、シナリオ全体…

第七話の怖ろしさが分かるのは、ディープなメガテニストだけなのだろう…

『デビルサマナー葛葉ライドウ対超力兵団』(以下『超力兵団』)の、第七話の問題については、本家「ろーだいありー」の「『超國家機関ヤタガラス』はなぜ怖ろしいのか?」シリーズを参照して欲しいが、さらにもう少し書いておきたい。 よく考えると、この第…

「遊郭」の問題点をさらに言うと…

以前の記事二つ。 kirishimaloda6915.hatenablog.com kirishimaloda6915.hatenablog.com 『デビルサマナー葛葉ライドウ対超力兵団』に出てくる「遊郭」に関する描写の問題点を書いてきたが、もう少し続ける。 前も書いたように、遊郭には「ニッポンの風俗っ…

沖縄のことも無視している点は問題だと思う

『デビルサマナー葛葉ライドウ対超力兵団』のシナリオ描写では、中国や韓国などのこと(日本以外のアジアのこと)は無視しているとしか思えないのが問題だと考えているが(詳細は本家「『超國家機関ヤタガラス』はなぜ怖ろしいのか?」で)、もうひとつ言い…

「遊郭」描写のさらなる問題点

昨日の記事。 kirishimaloda6915.hatenablog.com 『デビルサマナー葛葉ライドウ対超力兵団』で、遊郭が出てくることの問題点を書いてみたが、さらに問題点をあげるならば、「公娼廃止運動などは取り上げていないと思われる」点と、「遊女の悲惨な実態にもほ…

「遊郭」の問題点

いずれ本家「ろーだいありー」の「『超國家機関ヤタガラス』はなぜ怖ろしいのか?」で深く掘り下げたいテーマは、『デビルサマナー葛葉ライドウ対超力兵団』の深川町にある「遊郭」である。 遊郭に未成年の主人公が入れる(遊女と話すだけだが)というのは、…

ラスボス戦に関して

『デビルサマナー葛葉ライドウ対超力兵団』のラスボスは、「巨大ロボットに変形する戦艦」であるのだが、はっきり言うとラスボス戦のゲームバランスは大味すぎて、面白いとは思えなかった。 どう考えても、単に「巨大ロボと戦艦が見せたかったから作っただけ…

「反社会的勢力が日本を救う」なんて、恐らくはあり得ないのだが…

以前の記事。 kirishimaloda6915.hatenablog.com この『デビルサマナー葛葉ライドウ対超力兵団』は、いわゆる「任侠もの映画」などが好きな人が作っているのだろうということは分かる。でも、やはり反社会的勢力の者を味方にするのは好ましくない。 さらに言…

「反社会的勢力」が味方になることの問題点

これもいずれ本家「ろーだいありー」の「『超國家機関ヤタガラス』はなぜ怖ろしいのか?」で深く掘り下げたいが、『デビルサマナー葛葉ライドウ対超力兵団』(以下『超力兵団』)で、第弐話以降いわゆる「反社会的勢力の関係者」が協力者となることは非常に…

ボス戦でさえも大味…

改めて、『デビルサマナー葛葉ライドウ対超力兵団』をやっていて不満に思うのは、全体的に戦闘が大味で単調なところなのだが、それはボス戦でさえもそうだったりする。 ほとんどのボスの場合、結局は、弱点を突いたりして動きを止めて、畳み掛けるように攻撃…

伏線が解消されたとは言い難い…

『デビルサマナー葛葉ライドウ対超力兵団』の難点の一つとしては、シナリオにいろいろな伏線を張っておきながら、結局最後に明かされたのが「過去のメガテンシリーズの前日談みたいなものでした」という、矛盾点が多く拍子抜けするものであるところだろう。 …

結局「誰のため、何のために戦うのか?」ということが問題なので…

『デビルサマナー葛葉ライドウ対超力兵団』で、主人公のライドウが悪魔退治などで活躍するのは、確かにカッコよく見える…、だが、それはいったい「誰のために、何のためにやっているのか」と考えてみると、そこにはある問題が生じるのだ。表向きは、「ヒロイ…

第七話は「東京裁判」と結びつくのかも知れない?

『デビルサマナー葛葉ライドウ対超力兵団』の、第七話の問題に関しては、本家「ろーだいありー」の「『超國家機関ヤタガラス』はなぜ怖ろしいのか?」シリーズで詳しく触れたが、最近気が付いたことがあるので書いてみよう。 第七話は、考えようによっては「…

第七話は本来、「右翼しか買わないゲーム」でしかやっちゃいけない話だと思うが…

『デビルサマナー葛葉ライドウ対超力兵団』の、第七話の問題については、本家「ろーだいありー」の「『超國家機関ヤタガラス』はなぜ怖ろしいのか?」シリーズで詳しく解説しているのだが、さらに言うとやはり一番問題なのは、「『誰でも手に取れる青少年向…

「描かれていること」も不愉快だが「描かれていないこと」を想像するともっと…

昨日の記事。 kirishimaloda6915.hatenablog.com 『デビルサマナー葛葉ライドウ対超力兵団』(以下『超力兵団』)について語るのは、どうも「心に刺さった棘を引き抜くような、かなり嫌な感じがする」と書いたのだが、その原因は第七話のことだけではなく、…

このゲームを語るのは、心に刺さった棘を引き抜くような感じが…

ずっと前から不思議だと思っているのは、『デビルサマナー葛葉ライドウ対超力兵団』を語ろうとするたび、何か「とてもおぞましいものを思い出している」とか、「心に突き刺さった棘を引き抜くような感じがする」などと思うことである。他のメガテンだったら…

いわゆる「熱血系刑事ドラマ」的なノリって合わないよ…

『デビルサマナー葛葉ライドウ対超力兵団』(以下『超力兵団』)で、どうしても気になるのは、いわゆる日本の古き良き「刑事ドラマ」的な、「熱血」展開・セリフが妙に多いということだったりする(テーマが「パッション(情熱)」というのは、そういうこと…

どうしても「国津神対天津神」には見えない…

「『超國家機関ヤタガラス』はなぜ怖ろしいのか?」シリーズで何度か書いていることだが、もう少し検証してみたい。 『デビルサマナー葛葉ライドウ対超力兵団』のシナリオは、表向きは「天津神」(天から光臨した神。天皇家の祖先とされる)と「国津神」(土…

「対象年齢・15歳以上(廉価版は「C」区分)」で本当に良いのか、という問題

『デビルサマナー葛葉ライドウ対超力兵団』は、「15歳以上対象」(廉価版は「C」区分だが、内容は同じ)となっており、さらに「暴力シーンやグロテスクな描写が含まれます」と表記されている。 だが、私の感覚としては、「(当時の)18歳以上対象(現在では…

「ヤタガラスに従う」ことの意味

本家「ろーだいありー」の「『超國家機関ヤタガラス』はなぜ怖ろしいのか?」でも触れたが、『デビルサマナー葛葉ライドウ対超力兵団』で、天皇崇拝団体のヤタガラスに従わなければならない、というのは、重要な意味がある。それは、「差別や戦争に加担する…