悪魔ハンター桐嶋ローダVS八咫烏

「ろーだいありー」にて連載中の「『超國家機関ヤタガラス』はなぜ怖ろしいのか?」の外伝ブログです。Google+のコミュニティ「ヤタガラスに抗う会」の後継ブログでもあります。

他のメガテンとの関連話

かつては「通常出現しなかった悪魔」が普通に出てくるという不思議

かつての『真・女神転生』などでは、合体でしか出てこなかった悪魔も、『デビルサマナー葛葉ライドウ対超力兵団』では分類が異なるので、通常のダンジョンに敵として出現する場合がある。「パールヴァティ」などもそうだ。 『真・女神転生』などに慣れた状態…

「オートリカバー」は無いのか…

スーファミの『真・女神転生2』では「オートリカバー」(自動HP回復機能)があり(元ネタはスーファミ時代の『ドラゴンクエスト』シリーズにある「まんたん」などの機能と思われるが)、PS版(初期型はバグが多い)でももちろんある。意外とこれが便利なので…

ポルターガイストとクイックシルバー

『デビルサマナー葛葉ライドウ対超力兵団』に出てくる「ポルターガイスト」という悪魔は、『真・女神転生2』(スーパーファミコン他)から登場している(見た目も同じ)。『真・女神転生2』では「悪霊」という分類。 初代の『デビルサマナー』には「クイック…

「ライホーくん」と「デモニホ」

『デビルサマナー葛葉ライドウ対超力兵団』に出てくる隠しキャラ(二周目のみ登場)で、「ライホーくん」(ライドウと似たジャックフロスト)というのが居るが、恐らく『真・女神転生if…』(スーパーファミコン他)に出てきた「学生服を着たジャックフロスト…

他のメガテンでの「ヤタガラス」は…

「ヤタガラス」は、『真・女神転生』では「霊鳥」扱いで登場している。その他のメガテンでもよく出てくる。 『デビルサマナー葛葉ライドウ対超力兵団』の場合、組織の名前に「ヤタガラス」が使われているためか、仲魔としても敵としても出現することは無い。…

「仲魔は12体まで」という設定は…

『デビルサマナー葛葉ライドウ対超力兵団』では、「仲魔のストック数は最高12体まで」となっている(初めは少ないが、条件により少しずつ増えていく)。これは元々、『真・女神転生』などにある「仲魔をコンピュータにストックできるのは最大12体まで(最初…

ロウ・カオス・ニュートラル・ライト・ダークという概念は無い…

『真・女神転生』や『2』では、悪魔の属性として「ロウ」・「カオス」・「ニュートラル」というものがあり、主人公の属性によって仲魔に出来たり、出来なかったりといった制約が生じる。 また、それとセットで「ライト」・「ニュートラル」・「ダーク」とい…

『メガテン』のパブリックイメージや都市伝説

『メガテン』は、噂は聞くがやったことない、っていう人の『メガテン』シリーズのイメージは「怖いRPG、伝奇ゲーム」とか「悪魔や平将門に呪われたゲーム」というものなのであろう。実際、「バグが多いのは悪魔の呪いだ」とか「平将門を出したりしたから、一…

メシア教とガイア教、そしてヤタガラス…

『真・女神転生』及び続編では、「メシア教」と「ガイア教」という架空の宗教の対立を描く、一種の宗教戦争のようなストーリーであった。それ以降のシリーズでは、あまりこういったストーリーは見られなくなっている(オウム事件も影響しているのかも知れな…

『真・女神転生2』にはカジノがあり…

『真・女神転生2』では「カジノ」で遊ぶことも出来る。スロットとか。これが楽しいのである。つい夢中になる…。でもラストダンジョンに潜入すると、もう行けなくなるのが悲しいけど。 『デビルサマナー葛葉ライドウ対超力兵団』には、カジノは無い。「麻雀」…

PS版『真・女神転生2』をクリアしたのだ…

PS版『真・女神転生2』をようやくクリアした。ルートはニュートラル。最後は「神」まで倒すとは…。とんでもないラストだと思った。スーファミ版で見た、ロウとカオスのエンディングの方が「とんでもない」度は高いとは思うけどね…。 どうせなら、『デビルサ…

ベルゼブブとは…・その2

以前書いた記事。 kirishimaloda6915.hatenablog.com 最近プレイした、PS版『真・女神転生2』でも「魔王・ベルゼブブ」と出会って、倒すことが出来た。『真・女神転生2』の場合、ボスキャラ「堕天使・ルシファー」の居る「ケテル城」(魔界にある城)で会え…

『真・女神転生2』で封印されたアマテラス

『真・女神転生2』では、日本の国津神・天津神たちは「センター」(メシア教)の陰謀で、地下世界に封じられているのである。そして「アマテラス」も「天岩戸」に封印されている。ここへ行き、オモイカネなどの天津神と、アマテラスの封印を解いて、解放する…

『真・女神転生2』のスクナヒコナとは…

『真・女神転生2』の地下世界では、「祠に閉じ込められたスクナヒコナ(国津神)を助ける」イベントがある。このスクナヒコナは、『デビルサマナー葛葉ライドウ対超力兵団』(以下『超力兵団』)の第拾話に出てきたものとは見た目からして異なる。 『真・女…

『真・女神転生2』の地下世界に封じられた神…

PS版『真・女神転生2』をやっているが(バグが多いのは仕方ないと思って諦めている…、どうも別メーカーに移植を任せたのが原因らしい、という情報もある)、ようやく地下世界までは辿り着いた。この地下では「ヒルコ」と会うが、『デビルサマナー葛葉ライド…

「ベルゼブブ」とは…

『真・女神転生』の隠しボス的な存在として、「魔王・ベルゼブブ」が居る。終盤、「西の島」へ行くと会えるが、主人公がカオス属性の場合は仲魔になり、それ以外では戦うことになる。ベルゼブブは「蝿の王」である。 『デビルサマナー葛葉ライドウ対超力兵団…

「神々」も敵にするのがメガテン…

『真・女神転生』シリーズでは、「神」ですらも倒してしまう話はよく出てくる。こういうのは、特定の宗教家が見ると「神への冒涜」と映るのだろうな…、というのは理解できる(実際、『メガテン4』海外版は、どこかから抗議されていたような…)。自分は宗教家…

「マッスルドリンコ」とは…

『真・女神転生』シリーズでは「マッスルドリンコ」という回復アイテムがある。これは「副作用のある回復アイテム」として知られる。 『デビルサマナー葛葉ライドウ対超力兵団』(以下『超力兵団』)でも、「マッスルドリンコ」は普通に「金王屋」で売ってい…

マジックポイント回復アイテムについて

『真・女神転生』では、マジックポイントだけを回復するアイテムというと「魔法ビン」くらいしか無い。しかもわずかしか回復しない。「ソーマ」でHP・MP全回復させることは出来る。MP回復の「チャクラドロップ」などが登場するのは、もっと後のシリーズであ…

PSの『真・女神転生2』は…

『デビルサマナー葛葉ライドウ対超力兵団』(以下『超力兵団』)との関連性を調べるため、『真・女神転生2』のPS版をプレイしているが、バグの多さはスーファミ時代からの伝統なのだろうか…。バグのせいでなかなか進めないのがもどかしい。 バグは我慢すると…

「呪われる」イベントの比較

『真・女神転生』に登場する「東京デスティニーランド」(某テーマパークがモデル)では、「運試し」のイベントが発生することがあり、運が悪いと主人公が「呪い」状態になってしまう(歩くごとにダメージを受ける)。 このイベントに関しては、歩くたびにダ…

「三身合体」は無いのだ…

『真・女神転生』では、「二身合体」(悪魔二体を合体する)の他に「剣合体」(特殊な剣と悪魔を合体して強力な剣を造る)と「三身合体」(三体の悪魔を合体させる)がある。『真・女神転生2』でも同様。 しかし『デビルサマナー葛葉ライドウ対超力兵団』(…

「亀と話す」イベント…

『デビルサマナー葛葉ライドウ対超力兵団』(以下『超力兵団』)では「悪魔会話」は存在しないのだが(交渉ではなく「悪魔を管に入れて捕まえる」システムになっている)、「悪魔会話」と似たようなイベントが存在する。それは、「大道寺邸の地下にいる『大…

「魔法の継承」について

GBA版『真・女神転生』をやってて思ったのだが、この頃はまだ「悪魔合体で、魔法・特技を継承させる」システムは存在しなかったのだな、ということ。これはこれで、シンプルで良いとは思うが。続編の『真・女神転生2』で初めて「魔法・特技の継承システム」…

助けた亀に…

『真・女神転生』の終盤では、東京が水没してしまうのだが、カテドラルで「タコ」あるいは「亀」を助けることで、この「タコ」または「亀」に乗って水上移動が出来るようになる。助けなかった方は食べられてしまうのだが…。 『デビルサマナー葛葉ライドウ対…

『真・女神転生』の皇居で…

以前、『真・女神転生』に登場する皇居について書いたのだが…。 kirishimaloda6915.hatenablog.com 昨日(2月14日)、GBA版『真・女神転生』で、皇居まで行き、ついに「平将門公」に会うことができた。何という偶然か、実在の彼の命日に当たる日に会えるとは…

『真・女神転生』には「デビルカルテ」が無い…

GBAの『真・女神転生』では、「デビルバンク」という、「邪教の館に悪魔を預ける」機能が追加されている(スーパーファミコン版には無かった)。 しかし、『デビルサマナー葛葉ライドウ対超力兵団』(以下『超力兵団』)の業魔殿にある「デビルカルテ」(一…

不思議の六本木のアリス

今、GBA版『真・女神転生』をやっているが、このゲームに出てくる「六本木」には、「アリス」という謎の少女と、彼女の従者と言われる「ベリアル」(赤おじさん)と「ネビロス」(黒おじさん)が居る。 『デビルサマナー葛葉ライドウ対超力兵団』(以下『超…

昨日の記事の続き

昨日書いたこの記事の続きだけど…。 kirishimaloda6915.hatenablog.com この記事の最後に、『メガテン』シリーズ(神も悪魔も実在することが前提のゲーム)の舞台は、「現代日本、近未来日本、別世界」が望ましく、「大日本帝国時代の日本(「天皇が神だった…

『真・女神転生』であれば良くても…

GBA版『真・女神転生』の序盤で、「ゴトウ」氏と話すと、「こうしている間にも、日本の神々がトールマンによるミサイル発射を防いでいる云々~」といった話をする。つまり、彼の思想では「日本の神々が、日本を守護している」ということになるのだろう。 こ…