悪魔ハンター桐嶋ローダVS八咫烏

「ろーだいありー」にて連載中の「『超國家機関ヤタガラス』はなぜ怖ろしいのか?」の外伝ブログです。

二周目クリアの報告

ついさっき、『デビルサマナー葛葉ライドウ対超力兵団』の二周目をクリアした。

プレイ時間…、前回とあわせて110時間超(前回は40時間ほどだから、今回は70時間以上ということか)。

クリアレベル82(実際はクリア後に一レベルアップしていたが)。

プレイ期間は去年の6月10日から今日までだが、ここ4ヵ月近くプレイしてなかったので、実質的には半年くらいか。

しかし、エンディングはつまらないので見てない。

ラスボスも、時間さえかければ割とあっさり倒せるし…。ゲームバランスがいいとは言えない。

それにしても、ラスボスは巨大戦艦だったり、巨大ロボだったりと、荒唐無稽すぎて意味が分からないね…。

いちばん不満なのは、やはり「超國家機関ヤタガラス」という、「極右愛国天皇崇拝団体」を滅ぼすエンディングではないことだね。せめてプレイヤーが「ヤタガラスを裏切り、ラスボスと共闘してヤタガラスを倒しに行く」か、「そのままラスボスを倒す」かを選べるようにして欲しいものだ(これはまたいずれ本家「ろーだいありー」で触れたい)。

ただ、本家「ろーだいありー」の「『超國家機関ヤタガラス』はなぜ怖ろしいのか?」シリーズで指摘したように、「ヤタガラスを倒す話を入れると、『天皇と敵対する』ことになるから、『右翼っぽい人に抗議されるかも』ということを怖れてできなかった」ってことかもしれないけど。

私の中では、「ライドウはヤタガラスを裏切って、ヤタガラスを滅ぼしましたとさ…。めでたしめでたし」ということにしているけどね。エンディング見てないから。

三周目は、今のところやる気は無いけど、いくつかデータ保存してあるから、また前の章からやり直すことは考えている。