悪魔ハンター桐嶋ローダVS八咫烏

PS2ソフト『デビルサマナー葛葉ライドウ対超力兵団』と続編及び『葛葉ライドウ』シリーズの復活を阻止したいと思うメガテニストが書くブログ。ただしライドウは尊いと思っているよ?

「日本の誇りを取り戻す」というのは、つまり…

 以前の記事。

 

kirishimaloda6915.hatenablog.com

 

この中で、「右派の歴史修正(改竄)主義者が言う『愛国者』とは、『大日本帝国』を愛する者であり、『日本国』を愛する者ではない」といった旨のことを書いた。

そう考えてみると、よく「日本の誇りを取り戻すために!」なんて言っている右翼の人たちは、結局のところは「大日本帝国の誇りを取り戻すために」と言っているのだ、と分かるだろう。そのためなら、歴史を改竄しても構わないと考えているとしか思えない。

『デビルサマナー葛葉ライドウ対超力兵団』について言うと、主観ではあるが、このゲームは本当は「大日本帝国の誇りを取り戻すために」作られたものだったのでは、という感じもするのだった。

下の記事でも、このゲームは「過去の日本を批判する視点に欠ける」と書いたが、過去の日本を批判しないということは、製作者の一部は「大日本帝国時代は悪くなかった、誇らしかった」と思っているのでは、という気がして、薄ら寒く感じることもある。

 

kirishimaloda6915.hatenablog.com