悪魔ハンター桐嶋ローダVS八咫烏

PS2ソフト『デビルサマナー葛葉ライドウ対超力兵団』と続編及び『葛葉ライドウ』シリーズの復活を阻止したいと思うメガテニストが書くブログ。ただしライドウは尊いと思っているよ?

「日本の民衆は天皇に導かれるのが正しい」とでも言うのか?

これはまたいずれ、本家ブログで詳しくやるかも知れないテーマである。

『デビルサマナー葛葉ライドウ対超力兵団』の設定で非常に問題なのは、「主人公・ライドウが、天皇を崇拝し、守護する団体(ヤタガラス)の配下である」ことなのだが、これにはいくつかの理由がある。今回はそのうちのひとつを少しだけ教えたい。

それは、この設定ではどうあっても「日本の力無き民衆(臣民)は、天皇・天皇家に導かれるのが正しい姿である」とか、「天皇家に導かれる日本は安泰である」といったメッセージをプレイヤーに植え付けかねない点である。つまり、「『天皇を守護するヤタガラス』の配下であるライドウが、帝都の危機に立ち向かい、日本の民衆を救う」という、このゲームのシナリオ自体、制作者にはそんな意図は無いとしても、深読みすると「日本の民衆は天皇家に導かれるのが正しい、とでも言いたいのだろうか。それは右翼思想というものではなかろうか?」と思ってしまうのだ。

歴史修正(改竄)主義者たちによる『新しい歴史教科書』、『新しい公民教科書』あたりも、実はそういう思想が根底にあるような気がする。