悪魔ハンター桐嶋ローダVS八咫烏

PS2ソフト『デビルサマナー葛葉ライドウ対超力兵団』と続編及び『葛葉ライドウ』シリーズの復活を阻止したいと思うメガテニストが書くブログ。ただしライドウは尊いと思っているよ?

特定の思想の人たちを傷つけておいて「元気が出る」とは…

昨日の記事。

 

kirishimaloda6915.hatenablog.com

 

『デビルサマナー葛葉ライドウ対超力兵団』(プレイステーション2。以下『超力兵団』)のコンセプトに「元気が出るゲームを作る」というものが含まれるらしい、っていう話。これをさらに続けてみる。

『超力兵団』の第七話(「天皇を救わなければ進めない」話)は、天皇好き・右翼思想を持つ人が見れば確かに元気が出るかもしれないが、左翼思想を持つ人、天皇嫌いの人、日本や天皇の戦争責任・植民地支配の責任を追求したい韓国人や中国人がプレイしたら、それどころか確実に怒りを買うだろう、ということぐらいは予測出来るはずだ。そのあたりを配慮せずにあのような話を作っておいて、「元気が出るゲーム」とはどういうことだ?

また、「元気が出るようなゲーム」がコンセプトとすると、私が非常に問題視している第拾話の鳴海のセリフ(「昔の恨みなど、今の俺たちには関係ない…」といったセリフ)も、納得が行くような気がする(擁護しているわけでは無い)。つまり、「先祖がやったことは君たち若者には関係ないのだ」と思わせるセリフを出せば、元気になる若者も居るだろう、と考えたから、あのセリフを作ったのではないのか?

だがこの際はっきり言うが、そんなことで得られる元気など空元気でしかない(これは『新しい歴史教科書』や、「右派の歴史修正(改竄)主義者が書いた本」を読んで元気が出た、という人たちにも言えることだ)。さらに韓国人・中国人や、左翼・天皇嫌いの人などを怒らせ、傷つけるものだと考えている。「右翼」、「天皇好き」、「過去の日本の悪いことなど自分には関係ないと思う人たち」にばかり配慮して、「左翼」、「天皇嫌い」、「韓国人・中国人」、「過去の日本の悪いことはよく知っている人たち」にはほとんど配慮していないのは、青少年向け商用ゲームとしては非常に問題があるだろう。