悪魔ハンター桐嶋ローダVS八咫烏

PS2ソフト『デビルサマナー葛葉ライドウ対超力兵団』と続編及び『葛葉ライドウ』シリーズの復活を阻止したいと思うメガテニストが書くブログ。ただしライドウは尊いと思っているよ?

暗い未来しかないのに「元気が出る」とはどういうことだ…

過去記事二つ。

 

kirishimaloda6915.hatenablog.com

 

kirishimaloda6915.hatenablog.com

 

『デビルサマナー葛葉ライドウ対超力兵団』(プレイステーション2。以下『超力兵団』)のコンセプトには「元気が出るようなゲームを作る」といったものもあったらしい、という話。これをさらに続けてみよう。

はっきり言うが、『超力兵団』の未来は暗いものでしかない(いずれは満州事変が起き、日本は戦争を起こすし、東京大空襲も起こるし、沖縄戦や原爆投下もある)。そしてライドウの未来も、暗いものでしかないだろう(いずれは戦争に行かなければならないのだし…)。それなのに、「元気が出るゲーム」とは一体どういうことなのか。コンセプトとゲームの世界観がズレているとしか思えない。

本当に「元気が出るようなRPG」を作るのならば、このような「軍国主義時代の日本」という世界観はまず避けるのが無難だと思うが。むしろ架空の幻想世界を舞台にするか、戦後の日本を舞台にする方が、そのコンセプトには合っていると思う。さらに言うと、「軍国主義時代の日本が舞台のゲーム」というだけでも(別にミリタリーゲームに限らず)、ものすごく嫌悪するゲーマー層・メガテニストも確かに存在するので、そういう意味ではこのゲームの世界観自体がとても微妙で、危ういものだ。そこに「元気が出るようなもの」というコンセプトを組み合わせることは、かなり無理があると考えている。

それと、「元気が出るようなもの」と考えてみると、もしかすると『超力兵団』のラスダンで見られる「(このゲーム上での)未来の描写」も、本当は「日本は戦争に勝つ、原爆や空襲もない」みたいな「明るい描写」にしたかったのではないか? とも思った。このゲームでは「関東大震災」と「その後に起きた朝鮮人虐殺」が無かったことにされているのだが、それも踏まえると…。つまり、いわゆる「架空戦記もの」みたいな。しかし、さすがにそれをやってしまうと、反戦派などから抗議される恐れもあるので、出来なかったのかも知れない。まあ、「関東大震災がなかったらしい」という設定もまた、かなり問題があると考えるが(「~らしい」としたのは、具体的にゲーム上では語られず、設定資料集などでしか分からないから。この時点で何か後ろめたいものを感じるが…)、それはまたいずれ本家「ろーだいありー」の「『超國家機関ヤタガラス』はなぜ怖ろしいのか?」で書きたいと思う。