悪魔ハンター桐嶋ローダVS八咫烏

「ろーだいありー」にて連載中の「『超國家機関ヤタガラス』はなぜ怖ろしいのか?」の外伝ブログです。Google+のコミュニティ「ヤタガラスに抗う会」の後継ブログでもあります。

『日本のいちばん長い日』

昨日のBS-TBSで『日本のいちばん長い日』(2015年)をやってたので、つい観てしまう(三年ほど前に地上デジタルでやってた時も観たのに…。実はDVDも買ってあるのに…)。何度観ても面白い。すごく好き(最も好きな日本映画は『キャタピラー』なのだけど)。本家「ろーだいありー」でもレビューを書いたが、その時触れたように劇場でも観たことがある。劇場で観た時が一番面白かった。

この映画には天皇昭和天皇。役者はモックンこと本木雅弘!)が出てくるけど、『デビルサマナー葛葉ライドウ対超力兵団』(以下『超力兵団』)とはまったく描き方は異なる(このゲームでは大正天皇だが、時代的には本来なら昭和天皇のはずである)。『超力兵団』は、天皇天皇家天皇制を賛美しているような描き方だとしか思えないが、『日本のいちばん長い日』はそういう描き方ではない。別に反天皇制映画ではないが、それでいいのだ。

世界観的には共通するが(戦前と戦中という違いはあるが、「大日本帝国」を舞台とする点は同じで、軍人が多く出てくるのも同じ)、まるで印象が違うと感じる。『超力兵団』はフィクションで、『日本のいちばん長い日』はノンフィクションを元にしている、という違いはあるけど、それだけではなく、何かが決定的に違うのだろう。どうも、『超力兵団』をプレイするとミリオタ・天皇崇拝者になる若者が現れそうだ、という懸念があるが、『日本のいちばん長い日』はそうは感じなかった。そう考えると、『超力兵団』はやはりミリオタ向けだと言うことかも。

それにしても、今改めてこの映画を観ると、軍人(特におじさん)が宗像のように思えてしまう…。