悪魔ハンター桐嶋ローダVS八咫烏

「ろーだいありー」にて連載中の「『超國家機関ヤタガラス』はなぜ怖ろしいのか?」の外伝ブログです。Google+のコミュニティ「ヤタガラスに抗う会」の後継ブログでもあります。

『日本のいちばん長い日』・その2

昨日の記事。

 

kirishimaloda6915.hatenablog.com

 

これの続きを。

よく考えると、『デビルサマナー葛葉ライドウ対超力兵団』(以下『超力兵団』)の二周目を始めたのが2017年であるが(最初にクリアしたのは2009年)、『日本のいちばん長い日』を映画館で観たのが2015年、初めてテレビ放送されたのを観たのが2016年なので、『超力兵団』の二周目を始めて以降この映画をじっくりと観たのは、今回が初めてであった。そのせいか、初めて観た時とはいくらか印象が異なるのかもしれない。

それにしても、『超力兵団』のテーマのひとつは「元気が出るようなゲーム」であるらしいのだが、私はヤタガラスに対して怒りばかり感じるので全く元気にはなれない。しかし不思議なことに、シリアスな『日本のいちばん長い日』を観た後は、明日を生きる元気が湧いてくるのであった。

どちらも大日本帝国時代の日本が舞台で、暗い時代を描いてはいるが、『超力兵団』の方はやたらと「日本の歴史や大日本帝国を美化している」と感じるのに対して、『日本のいちばん長い日』は美化せずありのままに描く(ノンフィクションなのでそうなるのだが)。右翼などは「歴史教科書では、子供たちを元気にするために、日本の歴史・戦争をもっと美化して明るく書け」などと言うが、むしろ日本の歴史を美化せず、明るくも描かない『日本のいちばん長い日』の方が、少なくとも私の場合は元気が出るのだが。