悪魔ハンター桐嶋ローダVS八咫烏

「ろーだいありー」の「『超國家機関ヤタガラス』はなぜ怖ろしいのか?」の外伝ブログです。主にPS2ソフト『デビルサマナー葛葉ライドウ対超力兵団』のことを書いています。

私はメガテニストだけど、多分他のメガテニストには嫌われる存在なのだろうと…

繰り返しになるが、この記事を貼っておこう。

 

kirishimaloda6915.hatenablog.com

 

さらに繰り返すが、私はメガテニストだし、『デビルサマナー葛葉ライドウ対超力兵団』(プレイステーション2ソフト。以下『超力兵団』)と続編の主人公・ライドウのことは好きなのだが、現在の日本の社会状況(歴史修正(改竄)主義と嫌韓・嫌中、ネット右翼が蔓延する)を鑑みれば、天皇を崇め奉る極右団体としか思えない「超國家機関ヤタガラス」(以下ヤタガラス)を味方とする内容の『超力兵団』と続編は、決して復刻して欲しくないし、『葛葉ライドウ』シリーズ自体、もう終わりにすべきだ…、と訴え続けるしかないのだ。

しかし、このようなことを言い続ける私には、あまり味方は居ないのだろうな…、ということはよく理解している…。特に私と同じ「メガテニストでライドウのファン」である人たちには、嫌われる存在なのだろう(アンチと誤解されやすいのかも知れない)。「なぜファンなのに復刻や新作を望まないのだ?」と。でも、それには深い事情があるんだよ…。歴史修正(改竄)主義が蔓延る日本の現状と、天皇制の問題と、日本の戦争・植民地支配の歴史と、ヤタガラスの正体(「天皇と、天皇制国家の中心たる帝都を護ること以外は許さない」という恐るべき思想を持つ)を知ってしまえば分かるはずなのに。分かって欲しいなぁ…。

それと私は、それ以外でも「あらゆる方向に敵を作ってしまいがち」なことも理解している。「歴史修正(改竄)主義で嫌韓・嫌中のネット右翼は嫌い…、ヘイトデモをやるネトウヨ連中も嫌いだ…、だが、一方的に正義を振りかざす暴力的な『自称・反差別反ヘイト団体』(あえて名前は伏せる)やその支持者も嫌いだから、どちらも早く消えてくれよ! そして極端に偏った思想のネット左翼も嫌いなのだよ…、私はね…」、「脱原発派も原発推進派も嘘をついていると思う。全てが嘘ではないにせよ(私自身は特に原発に対するスタンスは示さない)」、「天皇原理主義者や極右は嫌いだが、極左や強固な天皇制廃止論者とも仲良くなれそうにない」、「フェミニズムには一定の理解はする…、でも極端なことを言う人たちは嫌いだなぁ…。あとフェミニストの上野千鶴子氏は、朴裕河の『帝国の慰安婦』支持者だから好きではないな…」といったところが。まあ、どこにも味方が居ないのは、宿命的なこととして受け入れるしかないと思っている。

私のスタンスで、ネット上で明かしているのは「歴史修正(改竄)主義に対抗する」(これはプロフィールにも書いた。それがこのブログや本家を書く理由でもある)、「嫌韓・嫌中ブームを終わらせたい」、「自民党の憲法草案には反対する(特に「憲法九条改悪」に反対する)。だが特に支持政党は持っていない(安倍政権は不支持だが共産党支持者でも無い)」、「戦争に反対する」、「天皇制には差別などの問題が多いと考えており、昭和天皇には重大な戦争責任・植民地主義の責任があると思っている。別に強固な天皇制廃止論者ではないが」といったことだけで、これらは私にとっては重要なことだからスタンスをはっきりと示している。しかしそれ以外のことは、自分なりの考えは持っていても、基本的にネット上ではスタンスを示すことは無い。一度示してしまうと、どうしても色眼鏡で見られたり、似たような人ばかり周りに集まってきて、思考が偏りがちになるから。

さらに、例えば「原発反対」の意思をはっきり示しつつ、一方で「脱原発派の意見の一部はおかしいと思うし、一部はデマも言っている思う」などと個人的な意見を言うだけで、「お前は脱原発とか言っておきながら、実は原発推進派だろう?」と村八分にされることもあるわけだし。市民活動団体・集団には多かれ少なかれそんな危険性があるのだろう…、実際そういうのはネットで散々見てきたのだから…。

余談だが、最近「安楽死」・「尊厳死」のことが話題になっていたようだけど、これに関しても私なりの考えは持っている…、でもそれはあえてネットでは示さない(とりあえず「安楽死法制化には賛成とも反対とも言えない。ただ、この問題をタブー視して避けるのは良くない」としか答えない)。それにしても、一部の「安楽死法制化反対派」の人たちは、「安楽死の法制化に賛成する人は、障がい者は『生産性が無いから要らない』という『優生思想』の持ち主とか、差別主義者とか、右翼に違いない」といった偏見があるように思われるのだが、必ずしもそうではないだろう…、と言っておきたい(賛成派だって考え方は様々なのに)。