悪魔ハンター桐嶋ローダVS八咫烏

「ろーだいありー」の「『超國家機関ヤタガラス』はなぜ怖ろしいのか?」の外伝ブログです。主にPS2ソフト『デビルサマナー葛葉ライドウ対超力兵団』のことを書いています。

では「いつの時代なら『超力兵団』を世に出していいのか」と問われるならば…

しつこいけど、またこの記事を貼っておこう。

 

kirishimaloda6915.hatenablog.com

 

最近このブログでは、『デビルサマナー葛葉ライドウ対超力兵団』(アトラスのプレイステーション2ソフト。以下『超力兵団』)と続編については『真・女神転生3ノクターン HDリマスター』(PS4、Nintendo Switch)のようにリマスター化などで復刻して欲しくない。その理由は、このゲームの内容には様々な問題があるため(特に天皇を崇め奉る「超國家機関ヤタガラス(以下ヤタガラス)」が味方であることが問題)、「歴史修正(改竄)主義・嫌韓・嫌中・ネット右翼」が蔓延する今の時代に蘇らせるのは、特に若者たちには危険だから…、と度々書いてきた。

なぜ危険かは、詳しくはこちらで。

「ヤタガラスはなぜ怖ろしいのか」シリーズのリンク集 - ろーだいありー

シリーズ記事「『超國家機関ヤタガラス』はなぜ怖ろしいのか?」・第九回目 - ろーだいありー

もっと深い「『超國家機関ヤタガラス』はなぜ怖ろしいのか?」第一回目 - 悪魔ハンター桐嶋ローダVS八咫烏

 

それで、もし「では、いつの時代になったら『超力兵団』を復刻してもいいのか」と問われるなら…、こう答えよう。「その時代は決して来ないだろう」と(このままでは、歴史修正(改竄)主義もますます進んでいくだろうし…)。それどころか、「発売当時*1でさえ、本当は出すべきではなかった内容なのかも知れない。なぜなら、もう『天皇が神である時代』はとっくに過ぎているのだから」とも言っておこう。

この『超力兵団』を出しても良かった時代とは、はっきり言ってしまえば「このゲームの舞台と同じ1931年から、終戦の1945年まで」(つまり「天皇に反逆するようなフィクションは一切発表出来なかった」時代)しかないと考えている。まあ、その頃はまだテレビゲームなど無かったので、ありえないことだけど…。

それと、以前こんな記事を書いていた。

『超力兵団』が抱える問題は「この作品には不適切な表現が含まれますが~」で済むことではない… - 悪魔ハンター桐嶋ローダVS八咫烏

 

この中で、「もしも、もしもだが、アトラス社内で『超力兵団』を復刻する企画が持ち上がった」として、しかし上層部から「このゲームは天皇崇拝のヤタガラスが味方であるなど、ネット右翼的思想が蔓延る今の時代では不適切な表現があるから無理だ」とのダメ出しが出たとしても、ホームページなどに「このゲームには天皇崇拝団体が出てくるなど、現在では不適切と思われる表現がありますが、そのまま復刻します」などと書けば出せるのではないかと思うかも知れないが、まず基本設定そのもの(「ヤタガラスが味方である」)がダメなので、それはやって欲しくないと思う、といった旨のことを書いた。

さて、「そういった問題のあるゲームであっても、発売当時の社会状況を考慮し、作家性・芸術性を重んじれば、そのまま復刻してもいいと思うが? 古い映画などは例え差別用語が使われていたとしても、大抵復刻されているし*2という意見もあるかも知れないので、一応書いておく。

この『超力兵団』は、「時代性・作家性・芸術性を重んじれば、例え表現に問題があってもそのまま現代に蘇らせてもいい」ような作品ではないと私は思う。

古い映画、ドラマ、マンガ、アニメなどの場合…、例え「現在では不適切な用語が使われている」などの問題があるとしても、内容そのものは差別・偏見を助長するようなものでないなら*3、注意書きを付けてそのまま復刻するのは構わないだろう。また、これらの作品はあくまで「観るもの」・「読むもの」なので、「プレイヤーが能動的に動かす」ゲーム作品とはいくらか影響力が異なる、という点にも注目するべきだ*4

映像作品・書物とは異なり、『超力兵団』は「天皇を崇め奉るヤタガラスの配下である主人公・ライドウを自ら操作して、天皇にまつろわぬ者どもを倒すことで進んで行く(しかも最終ボスの一人は「伽耶」…、韓国とも関わる名前だ…)ゲーム作品である」のが大問題だと思っている。さらに「『超力兵団』が発売された2006年当時よりも、ネット右翼的な思想・歴史修正(改竄)思想・嫌韓・嫌中思想が一般にも浸透した今の時代に、このゲームを復刻すると、プレイした若者たちがそれらの思想を熱烈に支持するようになる危険性があり(その危険性は2006年当時よりも高いと思っている)、有害だと考えられる」ので、「例え作家性・芸術性を重んじるとしても、そのままの形で復刻して一般の青少年向けに発売するのは、あまりにもリスクが大きい」のだ。

もし「『超力兵団』は、ゲーム史や『メガテン』史の歴史的な資料としては復刻させる価値がある」と判断されたとしても、それはあくまで「研究者用の資料」としてのみ復刻させて、「一般人…、特に若者と子どもの手の届かないところ」に置くのが望ましいだろう。

*1:2006年3月

*2:諸事情により復刻されない幻の映画も存在するが

*3:差別用語が使われていたとしても、差別反対をテーマとした作品も存在するわけだし

*4:映像作品や本から強烈な影響を受ける人も居るのは事実だが