悪魔ハンター桐嶋ローダVS八咫烏

PS2ソフト『デビルサマナー葛葉ライドウ対超力兵団』と続編及び『葛葉ライドウ』シリーズの復活を阻止したいと思うメガテニストが書くブログ。ただしライドウは尊いと思っているよ?

今の時代では「既にネット右翼化した人がこのゲームをプレイする」危険性が大きいので…

以前の記事。

 

kirishimaloda6915.hatenablog.com

 

「『デビルサマナー葛葉ライドウ対超力兵団』(プレイステーション2。以下『超力兵団』)及び続編と、『葛葉ライドウ』シリーズを復活させて欲しくないのは、今の時代ではこのゲームをプレイして感銘を受けた人が、本屋で『歴史修正(改竄)主義本、嫌韓・嫌中本、ヘイト本』などを買って読んで、悪影響を受ける危険性が高いから」などと書いたが、もう少し追記したい。

今の日本では、既に「本やネットの影響でネット右翼になった人」、「歴史修正(改竄)主義者によって書かれた歴史本しか信じなくなった人」、「ヘイト本や嫌韓・嫌中本を読んで、中国人・韓国人・在日の人を差別するようになった人」がそれなりに居るのが現実なので(つまりもはや「手遅れ」な人たち。ゲーマー層、オタク層にも居るのが現実…)、元々そういった思想の人が『超力兵団』をプレイするのはかなり危険だと思う。このゲームには、それらの思想を増長しかねない要素が多く含まれているのだから。

具体的に言うと、『超力兵団』では「『古事記』が現実化している(つまり天皇は神の子孫で、神武天皇も実在したことになってしまう)」ことと、「天皇を崇め奉り守護している『超國家機関ヤタガラス』(以下ヤタガラス)が味方である」のは、右翼やネット右翼が共感しやすい設定であることは間違いないだろう。

さらに『超力兵団』の基本的なストーリーは「ヤタガラスの命令で天皇にまつろわぬ者を倒していき、最後は伽耶(韓国と関わる名前を持つ少女)と戦う」ものだし、さらに「大正天皇を救えと命じられる(しかも逆らえない)」話もある、という時点で、もう言わなくても分かるのではないだろうか。

そのようなゲームを、もう既に「本やネットの影響で右翼・ネット右翼・嫌韓・嫌中・歴史修正(改竄)主義者になってしまった人」がプレイしたらどうなるのか…。そういう危険性は、2006年よりも今の方が高いはずなので、だからこそ『超力兵団』は復刻させて欲しくない、と強く願っているのだ。

無論『超力兵団』のみならず、『葛葉ライドウ』シリーズ自体、今の時代に出すのは危険だろうと私は考える。今、このシリーズの新作を作るとすると、そういった「歴史修正(改竄)主義の本に影響されたネット右翼のゲーマー向けに改竄された歴史観」(それこそ「自由主義史観」とか…)をもろに取り入れようとする(一部のメガテニストから「いわゆる『自虐史観』をゲームに使うな、自由主義史観を使え、日本の戦争は正しかったと描け」、などと要望される可能性もあるし…)危険性があり、さらにヤバいことになりかねない。

このようなことを書いてはいるが、何度でも言っておく。私はメガテニストであり、ライドウのことは好きである。

…でも…、でもね、ライドウ、私としても、君が主演のゲームを最新ハードでプレイしてみたいと思わないわけじゃないが、しかし歴史修正(改竄)主義が浸透した今の時代に、君が主役を演じるのは本当にマズいんだよ…。君がヤタガラスの配下でいる限りはね…。だから今は、とりあえず降りてもらえないか…。他の『メガテン』へのゲスト出演だけならいいのだけど…。

 

↓クリックしてね!

にほんブログ村 ゲームブログ RPG・ロールプレイングゲームへ
にほんブログ村