悪魔ハンター桐嶋ローダVS八咫烏

PS2ソフト『デビルサマナー葛葉ライドウ対超力兵団』と続編及び『葛葉ライドウ』シリーズの復活を阻止したいと思うメガテニストが書くブログ。ただしライドウは尊いと思っているよ?

もしも今『ライドウ』シリーズを創るとすると、「若いクリエイターの歴史観」が反映されるのが心配だ…

以前の記事。

 

kirishimaloda6915.hatenablog.com

 

kirishimaloda6915.hatenablog.com

 

簡単にまとめると、今の日本では一般層にまで「歴史修正(改竄)主義・嫌韓嫌中思想・ネット右翼思想」が浸透してしまっており、さらに「日本に都合のいいことしか書かれていない歴史教科書」と「歴史修正(改竄)主義の本」でしか日本の歴史を知らない人も増えていると思われる。そんな時代には、ある種の「右翼ゲーム」としか思えない『デビルサマナー葛葉ライドウ対超力兵団』(プレイステーション2。以下『超力兵団』)と続編は復刻すべきじゃないし(若者への影響力を考えれば…)、『葛葉ライドウ』シリーズの新作も出すべきではない、といったことを書いた。最近書いた他の記事も参照。

もうひとつ気になったことを書いておく。

『超力兵団』が出たのは2006年であり、当時のスタッフで現在でもアトラスに残っている人は少なくなっている可能性が高いと思われる。現在は、近年入ってきた若いスタッフも『メガテン』シリーズ制作に関わっていることは間違いないだろう。

それで心配なのは、「その、今の『メガテン』に関わる若いクリエイターの歴史観・民族観はどうなっているのか」ということだったりする。

もちろん、今時の人でも思想は様々であろうことは承知しているが、やはり「日本に都合良く書かれた歴史教科書や、歴史修正(改竄)主義の本、嫌韓・嫌中の本」に強く影響された人もそれなりに居るのではないか、と心配になってしまう(具体的にどれくらいの割合で存在するか、ということまでは分からないが)。それとあの「小林よしのり」(よしりん)の本(例・『戦争論』)に影響された人もそれなりに居るだろう(未だによしりんを称賛する人の気が知れない…。私はそんな人はまず信用しない)。

以前も似たことは書いたが、もしも『ライドウ』シリーズの新作を出すことになったとして(出して欲しくないが)、「歴史修正(改竄)主義の本(はたまた「よしりん」の本か?)に強く影響された」若いクリエイターがシナリオを書いてしまうと、そのような「日本にだけ都合良く改竄された歴史観」に基づく話になってしまう危険性がある。さらに性質が悪いのは、例えば上層部などから「君の歴史観は間違っている。このシナリオは書き直さなければ採用出来ない」との指摘があったとしても、「これのどこが間違いだというの? (右翼やネット右翼が書いた)本で勉強した歴史だから間違いないのに…」としか思わないのかも、ということだ。歴史修正(改竄)主義本や嫌韓・嫌中本の性質が悪いところは、そのような本が大量に出回ることによって「無意識のうちに刷り込まれてしまう」ことであろう(一般層にまで浸透しているし…)。

そう、いくら私が「『超力兵団』の組織・超國家機関ヤタガラス(極右団体としか思えない)は危険なんだよ」と言っても、大半の人は理解出来ないだろうし、すでにネット右翼化してしまった若者に、良心的な大人が「君の歴史観は間違っている、正しい歴史を勉強するべきだ」と指摘したとしても、「そっちの歴史の方が間違っている、それは反日左翼が捏造した歴史だ」とか言われてしまうのと同じようなことで…。

 

↓クリックしてね!

にほんブログ村 ゲームブログ RPG・ロールプレイングゲームへ
にほんブログ村

 

↓これもクリックしてね!

にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村