悪魔ハンター桐嶋ローダVS八咫烏

PS2ソフト『デビルサマナー葛葉ライドウ対超力兵団』と続編及び『葛葉ライドウ』シリーズの復活を阻止したいと思うメガテニストが書くブログ。ただしライドウは尊いと思っているよ?

ヤタガラスが戦争を止めることは決して無い、と言い切ってしまおう

「ひろしまタイムライン」なるものが批判されている、という話題。Twitterはもうやってないので、外から眺めるだけなのだが…。

 

nlab.itmedia.co.jp

 

確かにこれについては、「注釈もつけずに流すのはダメだろう…」、「むしろネット右翼が喜び、差別を煽るために使われる…」、などといった批判はごもっとも、である。

この話はここまでにしよう。

以前の記事でこんなことを書いていた。

 

kirishimaloda6915.hatenablog.com

 

『デビルサマナー葛葉ライドウ対超力兵団』(プレイステーション2。以下『超力兵団』)と続編は、ゲーム内容から考えると、いくら「現在では不適切な表現が含まれますが、芸術性を重んじてそのまま復刻します」などと注釈を付けたとしても、復刻やリメイク、リマスター化は不可能だと私は思う、と書いた。不可能と思う理由は、「1931年の架空の日本を舞台とし、天皇を守護して崇め奉っているとしか思えない組織・超國家機関ヤタガラス(以下ヤタガラス)が味方である」ため。さらに『超力兵団』に限り、「天皇を救わなければ進めない話」があることもまた問題だから。これらのどこが問題かというと、まず天皇・天皇制嫌いのメガテニストには配慮が欠けていること。さらに今の時代はネット右翼的な思想や歴史修正(改竄)主義、嫌韓・嫌中が蔓延っているため、それらの思想を助長する可能性があるし、ネット右翼連中を引き寄せて差別扇動や戦争の正当化などに利用されかねないから。

それともうひとつ、戦争に関してこんなことを書いていた。

 

kirishimaloda6915.hatenablog.com

 

『超力兵団』のラストダンジョンでは、このゲーム上の将来では史実と同じように「原爆投下」が起こると示唆されているが、そうなった責任は天皇とヤタガラス、そしてヤタガラスの配下であるライドウにもあるはずだが、それについては全く触れないのは問題、と書いた。

「ヤタガラスが居る限り、東京大空襲も原爆投下も大日本帝国崩壊も免れない」ことは、ゲーム上でも示唆されているのだが、それはまさにその通りで、「ヤタガラスは天皇を守護している。つまり、天皇が戦争を始めると言い出せば、止めることは無い組織」だからだ。

では、それを念頭に置いて、このゲームの将来を想像してみよう。ライドウはいずれ兵役に就くことになり、戦争に行くことになるのは多分間違いの無いところだ。そして戦後(その頃は天皇は神では無くなっているから、ヤタガラスも存続出来ずに消滅している可能性がある)、彼が生き残ったとして、広島や長崎に行ってみる機会があったとする。そこで彼は果たして、「被爆者」たちに顔向けが出来るのか? 多分、出来ないだろう。「自分がヤタガラスに従っていたために、戦争も空襲も原爆投下も防ぐことが出来ず、このような悲劇を招くことになってしまった…」と後悔するのではないだろうか。

こちらでも似たようなことを書いていた。

 

kirishimaloda6915.hatenablog.com

 

kirishimaloda6915.hatenablog.com

 

↓クリックしてね!

にほんブログ村 ゲームブログ RPG・ロールプレイングゲームへ
にほんブログ村

 

↓これもクリックしてね!

にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村