悪魔ハンター桐嶋ローダVS八咫烏

PS2ソフト『デビルサマナー葛葉ライドウ対超力兵団』と続編及び『葛葉ライドウ』シリーズの復活を阻止したいと思うメガテニストが書くブログ。ただしライドウは尊いと思っているよ?

たとえ『メガテン3リマスター』が売れようとも『ライドウ』は復活しないと信じている…

しつこいけど、またこれを。

 

kirishimaloda6915.hatenablog.com

 

何度でも言うが、『真・女神転生3ノクターン HDリマスター』(PS4、Nintendo Switch。以下『メガテン3リマスター』)に『デビルサマナー葛葉ライドウ対超力兵団』(プレイステーション2。以下『超力兵団』)及び続編『デビルサマナー葛葉ライドウ対アバドン王』(プレイステーション2。以下『アバドン王』)の主人公・葛葉ライドウがゲスト出演するのは別にいいとしても、『葛葉ライドウ』シリーズはどんな形であれ、復活させるべきではない。理由はこの記事、及び最近書いた記事を参照。

…でも、「ゲスト出演ならいいが…」というのも実は建前で、「まさかこんな形とはいえ、ライドウがまた出てくること、そして注目を集めていることにはすごく不安を覚える」のが本音だったりする(それ以前の『メガテン』でもゲスト出演していたことはあったらしいが、ここまで注目されることは無かったような気もする…)。つまり、「もしやまた『ライドウ』シリーズを出すつもりなのか…? この右傾化した時代には非常に危険すぎるものを!」という不安。まあ、何だかんだ言ってもライドウは好きなので、また雑誌などで見られることだけは嬉しいのも事実だけど。でもね…。

ログインは出来ないがTwitterなどを眺めると、やはり「『メガテン3リマスター』が売れれば『ライドウ』シリーズも復活するかも…。リマスター化とか新作とか…」といった希望はそれなりにあると分かるが、それこそが私がいちばん不安視していることである。「売れようが何だろうが、それは絶対無い、私が阻止しているから」(あくまでも希望だが)とでも言えたらいいが…。

しかし前も言ったように、発売後に『メガテン3リマスター』をプレイした新規プレイヤーが、「ライドウが主演の作品もリマスター化して欲しい」と要望して、それが実現してしまうのは非常にマズい事態になる可能性がある。特に『超力兵団』の方はそうで、『メガテン3リマスター』でライドウを知ったプレイヤーがこれをプレイすると、一気に右傾化する怖れは十分ある。なぜなら今の日本は、ネット右翼思想・嫌韓・嫌中・歴史修正(改竄)主義が一般層にまで蔓延しているのだから…。元々そういう思想の人が『超力兵団』をプレイするのはヤバいし、そうでない人でも、たまたま本屋で「歴史修正(改竄)主義本・嫌韓・嫌中本」を読んで影響される危険性もある。それは2006年頃よりも今の方が心配だ。

もう一つ心配なのは、既にネット右翼化しているファンから「ライドウの新作を出すなら、今度は生意気な韓国人や中国人、在日の人を倒すような話とか、本屋にある歴史本(この場合は「歴史修正(改竄)主義の本」)の歴史観を使ったゲームにして欲しい」などと要望されそうだ…、ということ。まあ、さすがに「韓国人や中国人、在日の人を倒す」のはあからさまに差別表現なのでやらないだろうが(でも『超力兵団』のラスボスの一人が「伽耶」というのは…)、歴史観については十分あり得る…。

ちなみに、『アバドン王』は海外版のみ配信もされているらしいが(日本では無い)、なぜ『超力兵団』は飛ばしているのかが気になる。あのゲームの内容が「英語圏に住むアジア系(日系以外)の人」から批判されたから、という可能性もあると思う。「このゲームで天皇崇拝組織を味方にして天皇を救ったりするのは、日本による侵略戦争や植民地支配を正当化するためか! 歴史修正(改竄)主義か!」という、英語圏に住むアジア系の人からの批判はありそうだし。

日本で過去の(特にPS2時代の)『メガテン』シリーズの配信などが企画されたとしても(『ペルソナ』シリーズは既にパソコン配信があるらしいが、『ペルソナ2・罪』のPS版だけは絶対に出ないだろう…)、他の『メガテン』はいいとしても『超力兵団』については外される可能性はある。アトラスやセガが、『超力兵団』のゲーム内容を「今の社会情勢を考えると、青少年の健全育成の精神に反する」と問題視するような良心があれば…。でもそうなってしまうと、一作目が出せないなら『アバドン王』も新作も出せないことになる。むしろそうあって欲しい…。いっそ、アトラス自ら「もう『ライドウ』シリーズはどんな形でも出すつもりは無い。今の右傾化した時代には出すわけにはいかないから」と表明してくれれば、私も安心出来るのに。その代わり、他のメガテニストから命を狙われることになりそうだけどね(笑)。

 

↓クリックしてね!

にほんブログ村 ゲームブログ RPG・ロールプレイングゲームへ
にほんブログ村