悪魔ハンター桐嶋ローダVS八咫烏

PS2ソフト『デビルサマナー葛葉ライドウ対超力兵団』と続編及び『葛葉ライドウ』シリーズの復活を阻止したいと思うメガテニストが書くブログ。ただしライドウは尊いと思っているよ?

別に「『ライドウ』シリーズのファンはみんなネット右翼」だとは思っていないが…

昨日の記事。

 

kirishimaloda6915.hatenablog.com

 

葛葉ライドウがゲスト出演している『真・女神転生3ノクターン HDリマスター』(PS4、Nintendo Switch。以下『メガテン3リマスター』)が売れたとしても、ライドウが主演の作品は(復刻・リメイク・新作など全てを含む)もう出ないと信じている、といった話。ライドウは好きだけど、ネット右翼が跋扈し歴史修正(改竄)主義・嫌韓・嫌中が蔓延する今の時代では、『葛葉ライドウ』シリーズは危険だからね…。理由は上の記事などを参照。

なお、ネットで聞いた噂としては、「もう開発チームは無いから新作は作れないらしい」とか、「ゲームの新作は出せないから公式コミック版を出した」といった話があるが、それが本当ならいいと思う。

私は右翼では無いが(歴史修正(改竄)主義反対派なので左翼に近いが、左翼でも無い)、見る人によっては「ライドウが好きだから右翼だろう」、「脱原発派の言っていることにはデマも含まれると思うとか言ってて、原発問題にはスタンスを示さないのは怪しい。本当は原発賛成派の右翼?」、「天皇制は差別だと批判してるけど、天皇制廃止論者ではないから胡散臭い」、「尊厳死・安楽死について賛成とも反対とも言わないが、反対派の言っていることは何か胡散臭いとか言ってるから右翼・優生思想か?」、「中道派とか言ってるけど、右でも左でも無いとか言っているのは大抵ネット右翼だから、ひょっとしたら右翼じゃないのか」と思われるかも知れない。まあ、他人がどう思おうが私には関係の無いことだが(誹謗中傷は絶対に許さない覚悟であるが)、ネット民はすぐ人の属性を単純に「右か左か」で分けたがる傾向が強く、実にうんざりするのは事実…。だからSNSのほとんどを撤退したのだ。人間とはそんな単純に右左に分けられるものでも無かろう。

ところで、昔ネットで見た書き込みで「ライドウ好きは右翼」みたいなのがあったような記憶があるが、必ずしもそうではないだろう…、私は違うわけだし…、と言いたいところなのだが、「ライドウファンのネット右翼」は確実に居ると思う。どれだけの割合で居るかは不明だが、『デビルサマナー葛葉ライドウ対超力兵団』(プレイステーション2。以下『超力兵団』)には「大日本帝国・大正天皇・天皇を命がけで救う・天皇にまつろわぬ者と『伽耶』を倒す・古事記・軍国主義・軍人・神道・戦艦・日の丸・旭日旗」と、右翼やネット右翼が好む要素が多いため、これに引き寄せられる右翼とネット右翼はそれなりに居るだろう。そう、私が危惧しているのはまさにそのことで、『メガテン3リマスター』が売れて、もしも『超力兵団』と続編『デビルサマナー葛葉ライドウ対アバドン王』(プレイステーション2。以下『アバドン王』)が復活してしまったら、右翼やネット右翼が大喜びしそうだ…。さらに今はネット右翼思想も広まっているため、まだ右傾化していない人でも『超力兵団』をプレイした後、本屋にたくさんあるネット右翼向けの本(歴史修正(改竄)主義本など)を読んで、あっさりネット右翼化する危険性はある。その危険性は2006年よりも高い。

ちなみに『超力兵団』の続編『アバドン王』は、前作と比べるとなぜかその「右翼好みの要素」はだいぶ削られているのだが、それについてはまた今度。私は『アバドン王』の方から入ってきた口で、それでライドウが気に入ったわけだが、その後『超力兵団』の方をプレイしてみたら「なんだこの右翼っぽいゲームは? 前作がこんなゲームだったとは知らなかった…」と怒りを感じたので、今に至るというわけ(まさかこれが「はてなブログ」を始めるきっかけとは…)。でもライドウのことは嫌いにはなれないから、こんな苦しい状況なんだけどね…。好きなのに復活しないで欲しいと言い続ける。いっそ嫌いになれたら良かったのに(無理!)。

 

↓クリックしてね!

にほんブログ村 ゲームブログ RPG・ロールプレイングゲームへ
にほんブログ村