悪魔ハンター桐嶋ローダVS八咫烏

「ろーだいありー」の「『超國家機関ヤタガラス』はなぜ怖ろしいのか?」の外伝ブログです。主にPS2ソフト『デビルサマナー葛葉ライドウ対超力兵団』のことを書いています。

関東大震災のこと

今は、関東大震災よりちょうど97年後の世界なのだが…。

しかし以前も書いたように…。

 

kirishimaloda6915.hatenablog.com

 

『デビルサマナー葛葉ライドウ対超力兵団』(プレイステーション2。以下『超力兵団』)と続編の世界では、関東大震災そのものが「無かったことになっている」らしい。ゲーム上で語られることは無いが、『超力兵団』の設定資料本にはそれっぽいことが書かれており、震災が無かった場合はこのような街並みになったのではないか、という仮説を元に作られた世界観だとか。

しかし上の記事でも指摘したように、「関東大震災を無くしたのは、『朝鮮人虐殺事件』を無かったことにしたい」という願望も隠されているのではないか、と私は思う。これに関してはいずれ本家「ろーだいありー」の「『超國家機関ヤタガラス』はなぜ怖ろしいのか?」シリーズでも取り上げたいテーマである。

今の日本では、右派の歴史修正(改竄)主義者たちが本やネットなどで「朝鮮人虐殺は無かった」とか、「虐殺ではなく、実際に朝鮮人はテロリストだったから自衛のためにやむを得ず殺したのだ」といった言説を繰り返し流している現実がある。これを若者が真に受けてしまうのは非常に危険なことだ。

近年、歴史修正(改竄)主義の浸透による影響はあちこちで見られると感じる。例えばこれもそうなのだろうと思う。

 

mainichi.jp

 

小池都知事は、虐殺事件の犠牲者に追悼文を送らなくなっているそうだ。

こんな時代に、関東大震災が無かったという設定の『ライドウ』シリーズを再び世に出すことは、私は認めたくは無い。このゲームは、日本の歴史を詳しく知らない人(特に子どもたち)がプレイすると、現実もゲームと同じだったのだろうと思い込む危険性はある。「関東大震災? 朝鮮人虐殺? このゲームではそんなこと描かれてないから、現実でも無かったんでしょ?」と。

特に今の時代は歴史修正(改竄)主義の本がたくさん出ているのも危うい(歴史教科書も全体的に保守化しているとも言われているし…)。このままだと、「朝鮮人虐殺」だけではなく「関東大震災」自体も、歴史本・歴史教科書に載らなくなってしまう時代が来る可能性も、わずかだがありそう…。

そう、かの歴史修正(改竄)主義組織である「新しい歴史教科書をつくる会」が出した『新しい歴史教科書』(扶桑社、2001年)も、検定に合格する以前は「関東大震災」の記載が無かったという…。こちらの記事も参照。

 

kirishimaloda6915.hatenablog.com

 

もしも『ライドウ』シリーズを今の世の中に再び出すのなら(出して欲しくないが)、青少年への影響を鑑みて、「関東大震災はあった、そして朝鮮人虐殺もあった」設定に作り直さないといけないと思っているし、ゲーム上でもそれらに触れて、「デマや差別はいけない」というメッセージを入れるべきだろう。でもそうすると、街並みも作り直す必要があるわけだから、無理だろうけど。

参考文献

  • デビルサマナー葛葉ライドウ対超力兵団 超公式ふぁんぶっく(ファミ通編集部責任編集/エンターブレイン)
  • 九月、東京の路上で 1923年関東大震災ジェノサイドの残響(加藤直樹著/ころから)
  • トリック 「朝鮮人虐殺」をなかったことにしたい人たち(加藤直樹著/ころから)

 

↓クリックしてね!

にほんブログ村 ゲームブログ RPG・ロールプレイングゲームへ
にほんブログ村

 

↓これもクリックしてね!

にほんブログ村 歴史ブログ 近代 明治・大正・戦前へ
にほんブログ村