悪魔ハンター桐嶋ローダVS八咫烏

「ろーだいありー」の「『超國家機関ヤタガラス』はなぜ怖ろしいのか?」の外伝ブログです。主にPS2ソフト『デビルサマナー葛葉ライドウ対超力兵団』のことを書いています。

「ナチスと戦うレジスタンスが主役のゲーム」は出せるのに…

「ゲーム総合情報サイトGamer」より。海外ゲームの翻訳版の話。

 

www.gamer.ne.jp

 

この『Through the Darkest of Times』は、ナチスと対立するレジスタンスを主役とするゲームのようだ。実際のドイツの歴史を元にしたフィクションか…。ちょっと興味あるかな(PS4もスイッチも持ってないけど…)。画面もレトロゲームっぽいし…。こういうゲームだと、ナチスの描写があってもいいのだろうか(デモ画像を見る限りでは「ハーケンクロイツ」もあるようだし…)。アトラスの『ペルソナ2・罪』(プレイステーション版)と『魔剣X』(ドリームキャスト版)は、ナチス描写のために「封印作品」となってしまったと考えられるのに…。

これを『デビルサマナー葛葉ライドウ対超力兵団』(プレイステーション2。以下『超力兵団』)に例えると、「日本を陰で支配する天皇崇拝組織・超國家機関ヤタガラス(以下ヤタガラス)と大日本帝国を滅ぼし、天皇制を終わらせようとする『まつろわぬ者たち』を主役とするゲーム」になるのだろうか。時代的にも似てるし(『超力兵団』は1931年、『Through the Darkest of Times』は1933年)。でも実際の『超力兵団』は逆で、ヤタガラスの味方をして「まつろわぬ者たち」を倒すゲームなのだが…。こういう話にしないと、右翼が抗議するから嫌なのか。

こちらでも、「もしもこれがドイツのゲームだったとしたら?」の項目でナチスについて触れたので参照。

 

lucyukan.hatenablog.com

 

↓クリックしてね!

にほんブログ村 ゲームブログ RPG・ロールプレイングゲームへ
にほんブログ村