悪魔ハンター桐嶋ローダVS八咫烏

「ろーだいありー」の「『超國家機関ヤタガラス』はなぜ怖ろしいのか?」の外伝ブログです。主にPS2ソフト『デビルサマナー葛葉ライドウ対超力兵団』のことを書いています。

『真・女神転生4』をダウンロードした

以前の記事。

 

kirishimaloda6915.hatenablog.com

 

ニンテンドー3DSで『真・女神転生4』(アトラス)をプレイしてみたいと書いたが、昨日ようやく「newニンテンドー2DS LL」(これしか売ってなかった)とプリペイドカードを入手したので(すでに本体は生産終了なので、無くならないうちに買えて良かった)、『真・女神転生4』をダウンロードして購入することが出来た。

…しかし、データが大きいせいでダウンロード時間がすごく長い…(逆にバーチャルコンソールのレトロゲームは早い…)。かつてMSX(ゲームも出来るパソコンの一種)を父が持っていて、よく遊ばせてもらったが、ゲームはロムカセットの他にテープのものもあって、ローディングには大変時間がかかったらしい…(ロードしてもエラーすることもあったとか)。しかも毎回やらないといけないわけで、それと比べれば「一回ダウンロードしてしまえば後はすぐにアクセス出来る」今のダウンロードソフトの方が優れているけどね…。

とりあえずダウンロードが完了したら、さっそくプレイ開始するが、序盤は何となく『真・女神転生』(スーパーファミコン他)を意識して作っているのだろう…、と分かる。セリフはフルボイスではあるが、私はどんどん飛ばしてしまうのであまり聴いてない。

しかし、序盤のあるイベントをクリアするまでセーブ出来ないとは…。まあよく考えたら、『デビルサマナー葛葉ライドウ対超力兵団』(プレイステーション2。以下『超力兵団』)でも、序盤の長いイベントをクリアするまではセーブ出来ないので、同じようなものか…。

『真・女神転生4』の舞台は、日本のようで実は違うのだろう…。架空の国「東のミカド国」が舞台であるが、「ミカド」といい、キャラクターのセリフに「御国の為に戦う」なんてのがあったりと、ひょっとすると『超力兵団』からの流れである可能性もあると見ている。何となくだけど、『超力兵団』ではモロに「大日本帝国」とか「大正天皇」(らしき人物)とか出したのがマズいと思ったから、『真・女神転生4』では架空の「日本っぽい国」にしたのでは…、と。前に取り上げたバンダイナムコの『SCARLET NEXUS(スカーレットネクサス)』も、何となく日本っぽい国が舞台で主人公が「ユイト・スメラギ」(スメラギ=天皇?)とかいう名前だったのが気になってたけど。

詳しくはこちらで。

 

kirishimaloda6915.hatenablog.com

 

『真・女神転生4』のプレイ日記も書きたいと思うが、これは本家「ろーだいありー」でやるつもりだ。いつかクリアしたら、続編(?)の『真・女神転生4FINAL』も買ってみようかと。

それと本家では「『超國家機関ヤタガラス』はなせ怖ろしいのか?」第十回目もそろそろアップしなくては…。

 

↓クリックしてね!

にほんブログ村 ゲームブログ RPG・ロールプレイングゲームへ
にほんブログ村