悪魔ハンター桐嶋ローダVS八咫烏

PS2ソフト『デビルサマナー葛葉ライドウ対超力兵団』と続編及び『葛葉ライドウ』シリーズの復活を阻止したいと思うメガテニストが書くブログ。ただしライドウは尊いと思っているよ?

「ヒロインを救う」話なのは同じように見えるのだが…

昨日の記事。

 

kirishimaloda6915.hatenablog.com

 

大正時代が舞台の『鬼滅の刃』は、韓国でも輸出出来るようだが、しかし似た世界観の『デビルサマナー葛葉ライドウ対超力兵団』(プレイステーション2。以下『超力兵団』)は輸出してはダメだろう…、といったことを書いたが、もう少し続ける。

『鬼滅の刃』についてはよく知らないが、「主人公が妹を救うために鬼と戦う」話なのは分かった。『超力兵団』のストーリーも表向きは似たようなもので、「ある少女を救うために悪魔と戦う」話ではある…、が、途中から明らかに「天皇を救うため、大日本帝国を救うために、天皇にまつろわない悪魔や国津神と戦う(一応「ヒロインを救う戦い」はラストまで続くのだが…)」という方向になってしまうのが、最大の問題だなぁ…、と考えている。これでは韓国に出せるわけがない。大日本帝国を救うのは、植民地にされている韓国を苦しめることだからだ。

ついでに言うと、『真・女神転生3ノクターンマニアクス クロニクルエディション』(『真・女神転生3ノクターン HDリマスター』の原作。プレイステーション2。以下『メガテン3特別版』)の方はまだ続けているのだが…。「シブヤ」のマップがまだ埋まってなかったので、ぶらぶら散策することにした。

しばらく続けていると、このゲームの戦闘システムは、一般的なRPGというよりはむしろシミュレーションRPGと似たところがある、と気付いた。

つまり、一般的なシミュレーションRPGでも、「味方ユニット一人の行動を決定するとその場ですぐに動く」からだ。さらに『メガテン3特別版』では味方ターン、敵ターンとはっきり分かれているところもそれらしい。『シャイニングフォース』(セガ)よりは『ファイアーエムブレム』(任天堂)の方に近いか?

それと、全体的にこのゲームはローディングが速くて快適であり、『超力兵団』の方はやたらとローディングが長いのとは対照的である。『超力兵団』もこれくらい快適であれば良かったのに…。

 

↓クリックしてね!

にほんブログ村 ゲームブログ RPG・ロールプレイングゲームへ
にほんブログ村