悪魔ハンター桐嶋ローダVS八咫烏

PS2ソフト『デビルサマナー葛葉ライドウ対超力兵団』と続編及び『葛葉ライドウ』シリーズの復活を阻止したいと思うメガテニストが書くブログ。ただしライドウは尊いと思っているよ?

今だと「炎上する要素」が多くあるからなぁ…

「プレジデントオンライン」の記事。

 

president.jp

 

この記事の四ページ目に注目する点があった。「炎上しやすいセンシティブな話題」の中に、「戦争、皇室、宗教、性別による役割分担等」が含まれている。

これを参照すると、『デビルサマナー葛葉ライドウ対超力兵団』(プレイステーション2。以下『超力兵団』)には「炎上しやすいセンシティブな要素」が多くあることが分かるだろう。何しろ「軍隊が存在する頃の日本」が舞台だし、「超國家機関ヤタガラス」という「天皇を守護する組織(「国家神道」に似ている)が味方」だし、第七話では「大正天皇を救わなければ進めない」し、2006年のゲームにしては時代錯誤な「さらわれたヒロインを少年が救う話」だし…。あと、韓国や中国から見ると「天皇を守護する組織に仕える主人公・ライドウが大日本帝国を救うという話を作ったのは、かつて日本がやった植民地支配や戦争を正当化したいからだろう」と言われる可能性がある。

まあ、元々『メガテン』自体、宗教に関わることを扱うので(悪魔、天使、神など)、炎上しやすいコンテンツではある(『真・女神転生4FINAL』は外国で抗議されていたような…)。ただ、かつてはまだネットも普及しておらず、SNSも無かったし、『メガテン』は至極マニアックなゲームだし、宗教問題からか海外で発売されることは少なかったし、セガの子会社化する以前のアトラスは知名度もそんなに高くなかったから(それでも有名なゲームメーカーの一つではあったが)、滅多に炎上しなかっただけ。でも今はどうかな…。

他の『メガテン』より、『超力兵団』には炎上しやすい要素が多く含まれるため、復刻は断念している可能性はあると見ているし、私としてもこのまま『ライドウ』シリーズごと封印作品にして欲しいと願っている。何度でも言うが、ライドウは好きなのだけれども、歴史修正(改竄)主義が広まる今の時代に復活することはかなりリスキーだと思うし。

私の主観だが、扱うテーマによっては「たとえ炎上しようとも出し続ける、書き続ける必要性のあるもの」は存在すると思っている(まあ私のブログもその類いだと考えているけど)。しかし、この『超力兵団』については「炎上覚悟で復活させる」ことはしない方がよい作品だと考えている。

 

↓クリックしてね!

にほんブログ村 ゲームブログ RPG・ロールプレイングゲームへ
にほんブログ村