悪魔ハンター桐嶋ローダVS八咫烏

「ろーだいありー」の「『超國家機関ヤタガラス』はなぜ怖ろしいのか?」の外伝ブログです。主にPS2ソフト『デビルサマナー葛葉ライドウ対超力兵団』のことを書いています。

新年早々アトラスに意見を送ることに…

先日、またもアトラス社に対して意見を送っておいた。

それというのも、以前の記事で…。

 

kirishimaloda6915.hatenablog.com

 

「リアルサウンドテック」の記事によると、セガはまたしても「アトラス社のゲームのリマスター化・リメイクなどを予定している」などとあったため、「まさか『デビルサマナー葛葉ライドウ対超力兵団』(プレイステーション2。以下『超力兵団』)と続編も復活させる気か? それはどうしても認められない!」と思ったので、急遽書くことにしたのだ。

今回の意見の概要は…。まあ、前から同じようなことを繰り返し言っているのだが…。

「『葛葉ライドウ』シリーズの復活に反対する。今の日本では、このシリーズ…、特に『超力兵団』の復活はハイリスクだから。今の日本は歴史修正(改竄)主義が一般にも浸透し、『反日種族主義』がベストセラーになったり、ネット右翼によるヘイトスピーチもあちこちで起こる。こんな時代に『ライドウ』シリーズを復活させようとする方が不思議だと思わないのか? 何故なら、このシリーズは1931年の日本を舞台とし、超國家機関ヤタガラスなる天皇守護組織を味方にして、天皇にまつろわぬ者を倒すゲームだから。これは右翼・ネット右翼から称賛されやすいものであり、彼らを増長させたり若者を右翼化させる危険性がある。また、天皇制を嫌う人たちからは徹底的に批判される内容だ。私は日本の現状を憂いているから、『ライドウ』シリーズは二度と復活して欲しくないと思うし、アトラスやセガも、今の日本の若者が置かれている状況を理解して欲しい。それを理解出来れば、安易に『ライドウ』シリーズを復活させようとは思わなくなるはずだ」