悪魔ハンター桐嶋ローダVS八咫烏

「ろーだいありー」の「『超國家機関ヤタガラス』はなぜ怖ろしいのか?」の外伝ブログです。主にPS2ソフト『デビルサマナー葛葉ライドウ対超力兵団』のことを書いています。

『RPGツクールMV Trinity』で理想の『超力兵団』を作ってみる

最近、Nintendo Switchの『RPGツクールMV Trinity』(KADOKAWA)をダウンロード購入した。購入時はセール中で(現在は終了)、破格の安値だったので「これは今買うべきだ!」と思ったので…。

最初はチュートリアルで基礎を学び、それからRPG製作が出来るが、やはりNintendo Switch Liteの画面ではどうも小さすぎて見づらいという難点はある…。とは言えやはり『RPGツクール』は楽しい。そりゃ、スーパーファミコンの初代の頃からやってるから…。

今回は、自分でプレイするためだけの同人ゲームとして『デビルサマナー葛葉ライドウ対超力兵団』(アトラス。プレイステーション2。以下『超力兵団』)のパロディ的なものを作ってみようと思う。以前も『RPGツクールDS+』(ニンテンドーDS。KADOKAWA)で作ったゲームの話はしたことがあったが。こちらを参照のこと。

 

kirishimaloda6915.hatenablog.com

 

それで、どんなストーリーにするか…、と考えて、以前の記事で書いたこれを作ってみようと思った。

 

kirishimaloda6915.hatenablog.com

 

そう、セガの『シャイニングフォース・神々の遺産』(セガ。メガドライブ。以下『神々の遺産』)のストーリーを『超力兵団』の世界観とキャラクターでやってみる、という妄想ストーリーである。

ゲームタイトルは『ヤタガラスの遺産』としよう。

まずキャラクターを何人か作る…。主人公は「伽耶」だ。ただしここで言う伽耶は『超力兵団』のラスボスの一人「伽耶に憑きし者」である。他にライバルとして「ライドウ」、仲間として「ラスプーチン」を作る…。あえて『超力兵団』とは逆の設定にしている。他にも作るだろうが、とりあえず今はこれで。職業とかは後で設定する。

『RPGツクールMV Trinity』ではキャラクターグラフィックをモンタージュ方式でカスタマイズ出来るので(肌の色、ヘアカラー、装飾品や洋服のカラーもカスタマイズ可能)、理想のグラフィックを作って設定してみる…。伽耶はショートヘアで赤い制服の似合う少女、ライドウは黒い帽子を被った少年、ラスプーチンはヒゲのおっさん…、としてみると割と似ているので笑える。以前紹介した洋ゲー『Through the Darkest of Times』(Nintendo Switch他。THQ Nordic Japan)でも主人公の見た目をモンタージュでカスタマイズ出来るが、あれと似ている。

後は適当にゲームの舞台を作る…。今回は簡単に作りたいので、まずフィールドはデフォルトで用意されている「中華風フィールド」にする。本当は韓国風のものが作りたかったが、無かったのでとりあえずこれで。伽耶が最初に居る町も作る。ここでは「中華街風」の町にした。BGMも適当に設定する。町は後でまた追加するだろう。

それから最初のパーティを作る。今回は「伽耶」一人だけにする。スタート地点はさっきの「中華街風」の町マップ。フィールドと町の繋がりは後で設定しよう。

それから「敵モンスター」の設定もしておく。今回のゲームはランダムエンカウントは無しで「イベント戦闘のみ」にしたい。ラスボスは「ヤタガラス」にしたいので、まず「ヤタガラス」を作りグラフィックを設定する…。調べると、本当に「ヤタガラス」のグラフィックがあるじゃないか(笑)! サイズが小さくてラスボス感が無いけど、まあこれでいいや。もう一人、大ボスとして「ライドウ」を作る。こちらはとりあえず「忍者・男」のグラフィックにしてみた。パラメータ調整は後でやる。他にも敵は作ってみたい。

イベントも試しに作ってみる。最初の町にラスプーチンが居て、話しかけると「やあ」などと話すように設定する。

これでテストプレイしてみた。ラスプーチンと話すとちゃんとメッセージが出てくる。まあ、こうやって少しずつ作っていこうと思う。

ゲーム自体のコンセプトは「もしも『神々の遺産』が『ドラゴンクエスト』(ファミコン。エニックス[現スクウェア・エニックス])のようなごく普通のRPGだったら? そして『魔界塔士Sa・Ga』(ゲームボーイ。スクウェア[現スクウェア・エニックス])程度の短編だったら?」だ。前の妄想ストーリーに書いたように、シナリオコンセプトとしては「記憶喪失の少女・伽耶が、アジア全土を支配しようとしている軍事国家『大日本帝国』と、その裏に居る『超國家機関ヤタガラス』を滅ぼしに行く」というものにしたい。あまり長い話だと制作中に投げてしまうので(『RPGツクール』ではありがち…)、元の『神々の遺産』より簡略化した話なら完成出来るかも知れない…。