悪魔ハンター桐嶋ローダVS八咫烏

「ろーだいありー」の「『超國家機関ヤタガラス』はなぜ怖ろしいのか?」の外伝ブログです。主にPS2ソフト『デビルサマナー葛葉ライドウ対超力兵団』のことを書いています。

このゲームのシナリオは「排除された者をまた排除する」ものなので…

『デビルサマナー葛葉ライドウ対超力兵団』(プレイステーション2)のシナリオの中には、遠い昔に「天皇と天津神にまつろわないから」という理由で排除された神である「アビヒコ」、「ナガスネヒコ」、「スクナヒコナ」たちが復活して、復讐を果たそうとするのを、天皇守護組織である「超國家機関ヤタガラス」に仕える主人公・ライドウが止める、といったものがある。これは非常に良くないと思う。

なぜか? それはこのシナリオは「かつて『天皇の名の下に』差別され、排除された者たちを、再び『天皇の名の下に』排除する」ものだからだ。これのどこが問題かは、わざわざ説明するまでも無かろう。「大日本帝国時代には、韓国人たちが差別され排除されてきた。日本の敗戦から随分経った近年、主にネット右翼による『韓国ヘイト・韓国排除』が蔓延るようになってしまった」現実の日本と同じ構造なのだ。

だから、このゲームは「韓国人などに対するヘイトスピーチが蔓延り、日本の侵略戦争と植民地支配を美化する歴史修正(改竄)主義も流行ってしまっている今の日本」には相応しくないと分かるのではないか? それ故、私はずっと復刻には反対しているわけだ。