悪魔ハンター桐嶋ローダVS八咫烏

PS2ソフト『デビルサマナー葛葉ライドウ対超力兵団』と続編及び『葛葉ライドウ』シリーズの復活を阻止したいと思うメガテニストが書くブログ。ただしライドウは尊いと思っているよ?

このゲームが「右翼っぽい」と気が付かないのはもしかすると…

『デビルサマナー葛葉ライドウ対超力兵団(Devil Summoner: Raidou Kuzunoha vs. the Soulless Army)』(プレイステーション2)は、「天皇と大日本帝国を守護するゲーム内容だから右翼向けだし、天皇崇拝称賛ゲームだ」と何度も書いて来たのだが、このゲームを右翼向けと思わない人も居るのはどういうことだろう?
考えてみたのだが、もしかするとそういう人は『デビルサマナー葛葉ライドウ対アバドン王(Devil Summoner 2: Raidou Kuzunoha vs. King Abaddon)』(PS2。以下『アバドン王(King Abaddon)』)しかやっていない可能性がある。続編では天皇は出てこないし、天皇を救う話も無いし、舞台も帝都よりも田舎村の「槻賀多村」が中心になっているため、前作のような「右翼っぽさ」は薄れている。

私も『アバドン王(King Abaddon)』しかやっていない時はこのシリーズが右翼っぽいことには気づいていなかったのだが、前作をやって第七話まで来た時に「これ何か右翼っぽくてヤバいゲームだったんじゃ…?」と気付いたわけだが。