悪魔ハンター桐嶋ローダVS八咫烏

PS2ソフト『デビルサマナー葛葉ライドウ対超力兵団』と続編及び『葛葉ライドウ』シリーズの復活を阻止したいと思うメガテニストが書くブログ。ただしライドウは尊いと思っているよ?

ライドウは「覚えている人だけが愛でる存在」であればそれで十分じゃないか? 今のバカウヨどもに可愛がられるのはどうしても嫌なんだよ!

何度も書くが、私は『デビルサマナー葛葉ライドウ対超力兵団(Devil Summoner: Raidou Kuzunoha vs. the Soulless Army)』(プレイステーション2)及び続編の主人公であるライドウは尊い! と常々思っている(笑)。だがこの『葛葉ライドウ(Raidou Kuzunoha)』シリーズの復活には反対する。端的に言えば「大正天皇と大日本帝国(天皇制国家)を護ることを目的とする右翼ゲーム(笑)だから、右傾化した今の時代には相応しくないため」である。…そう言えば、似た世界観の『サクラ大戦』(セガ。セガサターン他)シリーズも「右翼ゲーム」とする向きがあったな…。別に韓国人や中国人だけがそう言っているのではなく、日本人でもそう思う向きはある。

前も書いたようにライドウファンの中にはこのシリーズの復活を待ち望む者も居るだろうが、私は「ライドウは、覚えているファン(私も含む)だけに可愛がられる存在であればそれで十分だろう?」としか思っていない。今の時代にこんな「かなりアングラ(笑)で右翼的なゲーム」を蘇らせてしまうと(特に初代の方)、良心的な人から散々批判された挙句、嫌韓・嫌中のバカウヨゲーマーどもが喜ぶだけじゃないか…。

私はライドウのことが好きだからこそ、今の嫌韓・嫌中のバカウヨどもに彼が可愛がられるのは見たくないのだ。だから『メガテン』史の影に埋もれたままであって欲しい。何度でも言うが、現時点で「ライドウが( 『真・女神転生3ノクターン HDリマスター(Shin Megami Tensei III: Nocturne HD REMASTER)』を除けば)表舞台に出られなくなっているのは何らかの原因がある」とすれば、それは「大正ロマンものや、韓国を植民地にしていた時代の日本を嫌う韓国人」のせいでは無く、恐らくは「韓国が日本を非難するたびにいちいちヒステリックに韓国ディスりを始める日本の嫌韓バカウヨどものせい」だろうよ!