悪魔ハンター桐嶋ローダVS八咫烏

PS2ソフト『デビルサマナー葛葉ライドウ対超力兵団』と続編及び『葛葉ライドウ』シリーズの復活を阻止したいと思うメガテニストが書くブログ。ただしライドウは尊いと思っているよ?

『鬼滅の刃』レベルでも「右翼作品」と呼ばれるのならば『超力兵団』はモロに右翼作品だろ(笑)! その自覚は製作者にあるのか?

人気マンガ・アニメの『鬼滅の刃(Demon Slayer)』は、「大正時代を舞台としており、旭日旗を思わせるものが出てくる」などの理由から「右翼作品」と呼ぶ向きは確かにあるようだ。韓国や中国の人だけがそう言っているわけでは無く、日本人でもそのように捉える向きはある。「旭日旗っぽいもの」は韓国版では修正されているらしい。

私は『鬼滅の刃(Demon Slayer)』には触れるつもりは無いので良く知らないけど、「旭日旗、大正時代、日本刀、鬼と戦う、大日本帝国」といったモチーフが出てくるだけでも「右翼作品」と呼ぶのは過剰では無いのか? 何度でも言うが、大正天皇守護組織を味方とし、天皇にまつろわない者を倒して天皇を救わなければならないゲーム『デビルサマナー葛葉ライドウ対超力兵団(Devil Summoner: Raidou Kuzunoha vs. the Soulless Army)』(プレイステーション2。以下『超力兵団(Soulless Army)』)の方が余程右翼作品だろ(笑)! 製作者にその自覚はあるのか? 多分無いだろうな(先ほどの記事に貼ったアトラスの山井氏のインタビューを読む限りでは…。金子一馬氏がどう思っているのかは謎だけど)!

『鬼滅の刃(Demon Slayer)』程度の作品でも「右翼的だ」と騒がれるのなら、『超力兵団(Soulless Army)』や『ライドウ(Raidou)』シリーズを万一復活させた場合は(私は復活には断固反対だが!)もっと騒がれるだろうっていう覚悟は持ってもらいたいね! まあ、それ以前に『ライドウ(Raidou)』シリーズは『鬼滅の刃(Demon Slayer)』(どころか、似た世界観のセガゲー『サクラ大戦』と比較しても!)とは全く比べ物にならないくらい知名度の低いマイナー作品なので(笑)、復活したところでさして注目されることは無いだろうけど。ただ、もし何かのきっかけで「私以上に強固な反天皇制の人」の目に触れたら猛反発が来るのは避けられないってことは覚悟しておいて欲しい。ライドウは尊いけど(笑)!