悪魔ハンター桐嶋ローダVS八咫烏

PS2ソフト『デビルサマナー葛葉ライドウ対超力兵団』と続編及び『葛葉ライドウ』シリーズの復活を阻止したいと思うメガテニストが書くブログ。ただしライドウは尊いと思っているよ?

天皇崇拝者・皇室ファン・天皇大好き人間にばかり配慮して「反天皇制の人と在日と中韓の人」には配慮していないのはどういうことだよ?

何度でも書くけど、『デビルサマナー葛葉ライドウ対超力兵団(Devil Summoner: Raidou Kuzunoha vs. the Soulless Army)』(プレイステーション2。以下『超力兵団(Soulless Army)』)は、端的に言ってしまえば戦前の大日本帝国時代を舞台とし、「大正天皇(天皇とは呼ばれなくても少し考えれば天皇と分かる人物)を守護している組織・超國家機関ヤタガラス」(以下ヤタガラス)を味方にして(ヤタガラスを滅ぼすような展開は無い!)、呪われた大正天皇を救ったり(というかヤタガラスに「天皇を救え」と強要されるのだが!)、天皇にまつろわない者を倒して大日本帝国を救うゲームである。

この説明を見ただけでも、勘のいい人ならば「天皇崇拝者や天皇ファン、皇室ファン受けを狙っているのでは? だが反天皇制の人とか、かつて天皇の名の下に日本に植民地支配された中韓の人、在日の人には何の配慮もしていないではないか?」と気付くのでは?

別に私は『超力兵団(Soulless Army)』の製作者に「反天皇制の人や中韓の人を傷つける意図があった」とは考えていない。ただ、「天皇守護組織を味方として天皇を救う話は反天皇制の人などを傷つけてしまうかも知れないが、どうせこの属性の人はこのゲームをプレイする可能性は少ないだろうから別に気にすることは無い」、「その手の人がプレイすることがあったとしても、第七話の『呪われた人物』が大正天皇とは気付かないからいいだろう」、「天皇崇拝者を怒らせるのと比べたら、反天皇制の人を怒らせるなんて大したリスクは無いだろう」、「天皇にまつろわぬ者を倒したり、天皇を救う話で傷つく人は居ないだろう」と思っていた可能性はあると考えている。しかしどれも的外れだよ。残念ながら、私のような反天皇制のメガテニストに見つかってしまったわけだしさ。

私は第七話の呪われた人物が大正天皇だってことは一目で分かった。天皇を救わないと進めないと知った時は非常に傷ついた。「呪いを引き受けてくれるか?」と問われた時に「いいえ」と答えた時の「ヤタガラスの使者」のセリフに戦慄した。天皇にまつろわぬ者を倒す話は「私のような反天皇制の者は敵だと言いたいのか!」と怒りを感じた。天皇制国家を救う話は日本に侵略されたアジアの人たちの神経を逆なでするものだと感じた。天皇守護のヤタガラスはおぞましい組織だから滅ぼすべきだと思ったのに、そんな展開が無いと知った時もまた怒りを感じた。

何度も言うが私はライドウは尊いねえ、といつも思うけど、『超力兵団(Soulless Army)』をプレイして傷ついたことが多々あるため、どうしても『ライドウ(Raidou)』シリーズの復活には一切賛成出来ないのだ。