悪魔ハンター桐嶋ローダVS八咫烏

PS2ソフト『デビルサマナー葛葉ライドウ対超力兵団』と続編及び『葛葉ライドウ』シリーズの復活を阻止したいと思うメガテニストが書くブログ。ただしライドウは尊いと思っているよ?

「民族差別や病気差別の表現は止めろ」は割と理解されやすいのに「天皇制は差別制度だからそれを称賛するような表現は止めろ」は中々理解されないのはなぜだ? やはり日本人は天皇制のことを勉強していないからだろうな!

f:id:kirishimaloda6915:20210809133924j:plain

(※画像は筆者の『すみっコぐらし』ぬいぐるみコレクションなど。イメージです)

ゲームでもアニメでもマンガでも何でもいいが、創作物に触れた人の中から「この表現は民族差別だと思う」とか、「病気差別、職業差別、女性差別、宗教差別だ」といった声が上がることがあり、物によっては修正、回収、発禁などの措置が取られることはある。無論、作り手や編集者がそれで納得すれば、である。批判があっても修正などされないことの方が多い。

しかし、民族差別、病気差別などといった意見は比較的大衆にも理解されやすいのだが、「身分差別制度である天皇制を称賛するような表現は、差別を肯定するようなものだから止めて欲しい」という意見は、大衆には分かりづらいと思う。もちろん、これは私が『デビルサマナー葛葉ライドウ対超力兵団(Devil Summoner: Raidou Kuzunoha vs. the Soulless Army)』(プレイステーション2。以下『超力兵団(Soulless Army)』)についていつも言っていることなんだけど。だって第七話では「超國家機関ヤタガラス」(日本と天皇を守護する組織。以下ヤタガラス)の命令で「大正天皇*1を救え」と強要されるんだよ? これだけでも「このゲームは天皇家を神聖なものとして称賛しているのだろう?」と思われても仕方ないわけよ。

大衆向けに「天皇制は差別制度だ」と言っても理解されにくいのはなぜか? 多くの日本人は大して天皇家の歴史を学んでいないので、日本に「天皇制」というものがあることに対して何の疑問も持っていないからだろう。天皇制は身分差別思想の上に成り立つものだってことや、昭和天皇の戦争責任について勉強したことが無い人には、いくら「天皇制が差別制度である」と言っても分からないのだ。

それに「海外には身分差別制度のある国は存在するけど、日本は身分差別なんてとっくに無くなっているんでしょ?」としか思っていない人もそうか…。表向きは身分差別は無くなっているように見えても、部落差別は相変わらずあるし、天皇制自体が「天皇家の人間だけを特別に扱う」という身分差別制度だからなぁ。やはり不勉強だと気付かないのか…。

『超力兵団(Soulless Army)』の製作者にしても、「天皇制が身分差別制度である」と分かっていないか、分かっていたとしても「天皇家を嫌う人はまずプレイしないだろうし、万一プレイしても第七話の人物が大正天皇とバレなきゃいいだろう」と思っていたか、のどちらかだろう。まあ、とっくにバレてんだけど(笑)。私がバラしてやったんだよ! 「15年前のゲームにそんなに繰り返し文句を言わなくても…」と製作者は思っているのかも知れんが、「ユーザーが、プレイしたゲームの不満を繰り返し言って何が悪い? 天皇守護のヤタガラスを味方として、天皇家を称賛するような内容のゲームを作ってしまった方が悪いんだよ! 反天皇制の人からの抗議を怖れるなら、初めからこのような内容にしなければ良かったんだよ!」としか言いようが無い。私は『ライドウ(Raidou)』シリーズ復活には反対する。でもライドウは可愛いし、尊いと思うよ(笑)!

…ちなみに今回のカバー写真は、以前も紹介した大正ロマン風『すみっコぐらし』のぬいぐるみをメインとして、以前も使った別のネコのぬいぐるみと、ミニチュアの日本刀、バックと地面はキャン★ドゥの背景ボードを使ってみた。『超力兵団(Soulless Army)』のイメージが出るといいのだけど…。しかし『超力兵団(Soulless Army)』と『すみっコぐらし』じゃあ、あまりにも雰囲気が違いすぎるわね(笑)。

こちらも参照。

kirishimaloda6915.hatenablog.com

*1:天皇とは呼ばれなくても天皇と分かる人物