悪魔ハンター桐嶋ローダVS八咫烏

PS2ソフト『デビルサマナー葛葉ライドウ対超力兵団』と続編及び『葛葉ライドウ』シリーズの復活を阻止したいと思うメガテニストが書くブログ。ただしライドウは尊いと思っているよ?

ライドウ、君はもうゆっくりお休み…。二度とヤタガラスに苦しめられなくていい…。もう天皇と日本を護らなくていいんだ…

f:id:kirishimaloda6915:20210810223905j:plain

(※画像は筆者の『すみっコぐらし』ぬいぐるみコレクションなど。イメージです)

本家「ろーだいありー」で紹介した、私の大好きなジャパメタバンド・人間椅子の新作『苦楽』を良く聴いている。

こちらを参照。

lucyukan.hatenablog.com

今回も名曲ぞろいだが、五曲目の『人間ロボット』という歌の歌詞がどうにも心に染み入るのだ。

「もう 苦しまなくていい もう 悲しまなくていい 愛も 恋も なくていい もう 働かなくていい もう 煩わなくていい 夢も 希望も なくていい」(人間椅子『人間ロボット』)

なぜこの歌詞が心に染みるのか…。それは、『デビルサマナー葛葉ライドウ対超力兵団(Devil Summoner: Raidou Kuzunoha vs. the Soulless Army)』(プレイステーション2)のライドウに対する想いがまさにこれだったから。私はライドウは尊いと思うが、『ライドウ(Raidou)』シリーズ再誕には反対する理由がこの歌の歌詞と似ているのだ。

「ライドウよ、君はもうゆっくりお休み。君は幼い時から虐げられてきた。君のことは好きだが、右傾化した今の時代にまた出てくると不幸になるだけだ。表舞台に立つことは無い。超國家機関ヤタガラス(以下ヤタガラス)に苦しめられなくていい。ヤタガラスのために働かなくていい。もう天皇のために戦わなくていい。反社会勢力の奴らと付き合わなくていい。嫌韓ネトウヨに愛されなくていい…」

そうだ、私はライドウが好きだからこそ、もう天皇守護組織・ヤタガラスのせいで苦しんで欲しくなかったのだ。大正天皇を救うために命を懸ける姿は見たくないのだ。だからライドウはもう休ませてあげなよ…、とアトラスに言いたかったのだ。