悪魔ハンター桐嶋ローダVS八咫烏

PS2ソフト『デビルサマナー葛葉ライドウ対超力兵団』と続編及び『葛葉ライドウ』シリーズの復活を阻止したいと思うメガテニストが書くブログ。ただしライドウは尊いと思っているよ?

葛葉もヤタガラスもカルト集団としか考えられないのだが…。ライドウは日本の敗戦後、「葛葉とヤタガラスの言うことは嘘だった」と気付くのでは…?

f:id:kirishimaloda6915:20210915212651j:plain

(※画像は筆者の『すみっコぐらし』ぬいぐるみコレクションなど。イメージです)

『デビルサマナー葛葉ライドウ対超力兵団(Devil Summoner: Raidou Kuzunoha vs.the Soulless Army)』(プレイステーション2)で、主人公・ライドウの味方をしている組織「超國家機関ヤタガラス」(以下ヤタガラス。大正天皇と日本を守護している)と、ライドウの所属している「葛葉一族」は、どう考えてもいわゆる「信者を洗脳するカルト集団・カルト教団」みたいなものにしか見えないが、それを味方として肯定的に描くこと自体が不気味だし、問題があると思う。前も書いたように、葛葉一族は児童虐待集団としか思えず、ヤタガラスは「天皇を護るためなら命を懸けろ」と国民(臣民)に教え込んだ国教「国家神道」にそっくりなのだ。

ラスボス「伽耶に憑きし者」だけはヤタガラスのカルト性を批判しているのだが、それ以外からヤタガラス批判を聞くことはほとんど無い。そして葛葉一族に対する批判は「伽耶に憑きし者」からは聞かれないし、それ以外からも聞くことは無い。

ライドウは「カルト教団で生まれ育ち洗脳された子ども」と同じような存在としか考えられず、とてもじゃないが外の世界で上手くやって行けるようには思えないのだが…。そしてこのゲーム上の将来、天皇の命令で戦争が起きて、帝都が空襲により焼け野原になり、日本が敗北した後、ようやくライドウは「ヤタガラスと葛葉の洗脳」から解かれるのではないだろうか。「ヤタガラスの命令で帝都と天皇を守護したことが、結果的に戦争を招き大勢の人を死に至らしめてしまった…。葛葉の使命は人を守ることだったのに、なぜこのような結果になったのか…? ヤタガラスの教えも、葛葉の教えも、全て嘘だったというのか…?」と。