悪魔ハンター桐嶋ローダVS八咫烏

PS2ソフト『デビルサマナー葛葉ライドウ対超力兵団』と続編及び『葛葉ライドウ』シリーズの復活を阻止したいと思うメガテニストが書くブログ。ただしライドウは尊いと思っているよ?

『進撃の巨人』の内容自体は良くても大ヒット作故に悪用される…、それに対して『超力兵団』の方は…

f:id:kirishimaloda6915:20211123120007j:plain

(※画像は筆者の『すみっコぐらし』ぬいぐるみコレクションなど。イメージです)

先日の記事。

kirishimaloda6915.hatenablog.com

アニメ『進撃の巨人』に出てくるものを商品化しようとすると、時に問題が起こるという話を書いた。さらに続ける。

『進撃の巨人』自体はよく知らないが、人種差別(あくまで架空の人種)についても扱われている作品であり、それが時として日本のネトウヨ、アメリカのオルタナ右翼などに悪用されやすいことは分かった。原作者自身は「差別に対する批判」としてこの作品を創作したのであり、差別を助長する狙いは無いのだろうとは思う。

それに対して『デビルサマナー葛葉ライドウ対超力兵団(Devil Summoner: Raidou Kuzunoha vs.the Soulless Army)』(プレイステーション2。以下『超力兵団(Soulless Army)』)は、「天皇制は身分差別制度、そして大正天皇は韓国と台湾を植民地にしていた」といったことには全く触れずに、「超國家機関ヤタガラス」という大正天皇守護組織を味方にして、天皇を救い、天皇に逆らう者を倒して大日本帝国の首都を守るゲームである。このゲームのコンセプトには「天皇制による差別」及び「天皇が最高責任者だった植民地支配」に対する批判を読み取ることは全く出来ない。

そう考えると、「人種差別は争いを産む」というメッセージを含む『進撃の巨人』の方が、時にネトウヨに悪用されるとしてもまだ良い方ではないのか? ただこれはワールドワイドでの大ヒット作品であるため、どうしても悪用例が目立ってしまうのが悲劇ではあった。

『超力兵団(Soulless Army)』は日本国内でも、また世界的に見てもマイナーな作品故、『進撃の巨人』と比較すればネトウヨによる悪用例は目立たないのだろうが、「だから今の時代に復活させても問題無い」とは言えない。ゲームのコンセプトが嫌韓や歴史修正(改竄)主義の蔓延る右傾化した今の日本に相応しくないことは間違いないのだから、マイナー作品であろうとも復刻には反対し続ける。