悪魔ハンター桐嶋ローダVS八咫烏

PS2ソフト『デビルサマナー葛葉ライドウ対超力兵団』と続編及び『葛葉ライドウ』シリーズの復活を阻止したいと思うメガテニストが書くブログ。ただしライドウは尊いと思っているよ?

『SaGa3』に「三種の神器」が出てくるのだが…、別に天皇は出てこないけどね!

f:id:kirishimaloda6915:20220116121027j:plain

(※画像は筆者の『すみっコぐらし』ぬいぐるみコレクションなど。イメージです)

昨日『サ・ガ コレクション』(スクウェア・エニックス。Nintendo Switch)に収録の『時空の覇者 Sa・Ga3[完結編]』(原作はゲームボーイ。以下『SaGa3』)をクリアしたのだけど…。ゲーム自体は面白いと言えば面白いが、全二作ほどの個性と魅力は無い(『サガ』というよりは『ファイナルファンタジー』に近い。変身システムは残ったが)のは残念だ。これは発売当時からそう思っていたので、30年以上経て評価が変わったというわけでは無い。

それで『SaGa3』を改めてプレイして気が付いたことがある。中盤で「三種の神器」と呼ばれる「鏡・勾玉・剣」を集めるイベント(強制イベントでは無い)があり、これをすべて集めてある人物と話すと、これらを合成して「草薙剣」(このゲームでは「くさなぎのけん」)を作ってくれるのだが、よく考えるとその「剣」自体が既に「草薙剣」では無いのか? と…。このイベントのことはすっかり忘れていたのだが、改めて見ると妙な感じ…。

ちなみに「ヤマタノオロチ」も出てくるが(ザコ敵。味方をこれに変身させることも可能)、別に天皇は出てこないよ…。そりゃ舞台が日本じゃなくて架空の世界だし。それなのに「三種の神器」と「草薙剣」が出てくるのは変な気がするが、元々『サガ』はそういう世界観だから…。『SaGa3』に限り『メガテン』にもよく出てくるラヴクラフト(クトゥルー神話)的な話もある(住人がモンスターの「サハギン」化して海の底に住んでいるとか)。

『デビルサマナー葛葉ライドウ対超力兵団(Devil Summoner: Raidou Kuzunoha vs.the Soulless Army)』(プレイステーション2。以下『超力兵団(Soulless Army)』)の場合、ヤマタノオロチと大正天皇(としか思えない人物)は出てくるが、「三種の神器」が出てくるようなことは無い。このゲーム自体、天皇崇拝賛美を匂わせておきながら(最終話の「トホカミエミタメ」は天皇が唱える祝詞とされる、など)さすがにこれだけは出せない事情でもあったのか。

例えば味方の日本(と天皇)守護組織「超國家機関ヤタガラス」「三種の神器を護っている」なんて話を出してしまうと、あからさまに天皇家と繋がっているとバレるのでマズいと思ったのか。他の『メガテン』では「草薙剣」が武器として出てくることはあるが、『超力兵団(Soulless Army)』では出てこない。これを武器にしてしまうと、「三種の神器の草薙剣を武器にして天皇に逆らう者(ナガスネヒコなど)を倒すということは、ライドウは天皇の配下ってことか…」と知られてしまうからなぁ…。