悪魔ハンター桐嶋ローダVS八咫烏

PS2ソフト『デビルサマナー葛葉ライドウ対超力兵団』と続編及び『葛葉ライドウ』シリーズの復活を阻止したいと思うメガテニストが書くブログ。ただしライドウは尊いと思っているよ?

「アメリカ軍のプロパガンダゲーム」など二度と出すなよ…!

f:id:kirishimaloda6915:20220209225325j:plain

(※画像は筆者の『すみっコぐらし』ぬいぐるみコレクションなど。イメージです)

Game*SparkとAUTOMATONより。コメントも付けた。

米陸軍公式FPS『America's Army: Proving Grounds』サービス終了へ―約20年の歴史に幕 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

アメリカ軍隊のプロパガンダゲーム(笑)? 日本でも「自衛隊に入って欲しい」という目的のゲームが作られそうだわ…。怖ろしい。

2022/02/09 16:33

“アメリカ陸軍製”FPS、20年の歴史を経てサービス終了へ。米国民の賛否を呼んだ問題作に幕引き - AUTOMATON

「軍の予算を利用してゲームを制作している点や、新兵を募るプロパガンダにゲームを利用することの是非について、多くの意見が寄せられていた」、やっぱりね。このような、若者に悪影響のあるゲームは追放すべきだ。

2022/02/09 19:24

アメリカ軍のプロパガンダと、若者を軍隊に誘う目的で作られたと思しき戦争ゲーム『America’s Army: Proving Grounds』(アメリカ陸軍製)が、五月でサービス終了するという話。こんなゲームシリーズが約20年も続いたこと自体が異常だが、このようなゲームは二度と出して欲しくない。実際、これをプレイして軍隊に憧れて入隊した若者も居るだろうし(そして亡くなった人も居るだろう)。そう考えると、「暴力ゲームはプレイヤーを暴力的にしない」という説も怪しいと感じる。

『デビルサマナー葛葉ライドウ対超力兵団(Devil Summoner: Raidou Kuzunoha vs.the Soulless Army)』(プレイステーション2)にしても、旧日本軍に憧れを持ち、美化したい人間が作ったのだろう、と感じるところがあるし、それに影響を受ける若者も居るだろうと考えると、今の時代には相応しくないので…。コメントしたように、若者を自衛隊に誘うようなゲームは出すべきでは無い。