悪魔ハンター桐嶋ローダVS八咫烏

PS2ソフト『デビルサマナー葛葉ライドウ対超力兵団』と続編及び『葛葉ライドウ』シリーズの復活を阻止したいと思うメガテニストが書くブログ。ただしライドウは尊いと思っているよ?

『超力兵団』三周目を再開した…! でも序盤からゲームバランス悪すぎない…?

f:id:kirishimaloda6915:20220327200801j:plain

(※画像は筆者の『すみっコぐらし』ぬいぐるみコレクションなど。イメージです)

一昨年の記事。

kirishimaloda6915.hatenablog.com

この頃『デビルサマナー葛葉ライドウ対超力兵団(Devil Summoner: Raidou Kuzunoha vs.the Soulless Army)』(プレイステーション2。以下『超力兵団(Soulless Army)』)の三周目を開始したのだが、それからほとんどプレイせずに放置していた…。しかし昨日からようやく再開した!

この記事にあるように、三周目ではライドウの本名は「ダーク・ソル」としている。二周目は「大槻ケンヂ」だったが…。由来は『シャイニングフォース・神々の遺産』(セガ。メガドライブ。以下『神々の遺産』)の悪役・軍師ダークソルである。まだ第壱話なのだが、久々にプレイしてもプレイ感覚は覚えているものだな…。ただ、今使っているPS2二台のうちの一台は、ディスク読み込みが上手く行かないことも多く、いつ壊れるか分からない状態…。

それにしてもこのゲーム、はっきり言って序盤からゲームバランスがかなり悪い。最初のダンジョン(異界)の時点で既に敵が強く、お金も貯めにくいので回復アイテムでさえ満足に買えない…。「今仲魔にしている悪魔と同じ悪魔と遭遇した場合、他のメガテンと違って戦闘を回避出来ない(悪魔会話が無いので)」のも地味に辛いし、悪魔を捕まえるにはボタン連射が必須なのもキツイ。第壱話さえクリア出来るのか怪しくなってきた…。序盤で投げてしまった人も多いことだろう。これがクソゲー扱いされることもあるのは理解出来る。私の中でも、このゲームの評価は低い。第七話で大正天皇を救わないと進めない時点で、反天皇制の私の中では完全に「クソゲー」なのである。ただし、「強烈に惹かれる点と強烈に嫌う点」が混在する「怪作」でもある。強烈に惹かれるのは、やはりライドウの魅力であったり、レトロな世界観などであるが、強烈に嫌うのは天皇守護組織「超國家機関ヤタガラス」の存在とか、児童ポルノまがい(笑)のイベントとか、反社会的勢力が仲間になるとか、上記にある通り「天皇を救わないといけない話」とか、ゾンビーやスクナヒコナなどのグロテスクな悪魔デザインとか…。嫌う点の方が多い…。

私の脳内ではこのゲームと『神々の遺産』は繋がっていることになっているので(というよりは「シャイニング脳」なので…)、やたらと「ゾンビー」に遭遇するのは『神々の遺産』第二章にあるシェード教会のイベントに見えてしまう…。

やはりこのゲームは、ゲームバランスの悪さやシステム面の不便さが目に付くので、リマスター化したとしても不評なのは間違いない。今のアトラスがリメイクしたら別物になるし…(絶対に『ソウルハッカーズ2』みたいにしないで欲しい)。それ故にリマスターもリメイクもされていないのかも知れないが、私はそれらは一切やるべきでは無いと言っておく(無論  『ライドウ』シリーズ新作なども反対する)。ゲームバランスやシステム面の問題以前に、「天皇の霊力が日本を護っている」なんていう右翼好みの天皇ファンタジー全開のゲームなので、アトラス(現在ではセガの子会社)の知名度が上がった今では炎上確実だから…。

上記の記事で、『超力兵団(Soulless Army)』三周目のプレイ記録を公開したいと書いていたのに、ずっと書いてなかった…。そのうち書ければ書きたいのだが、プレイしてて気分が悪くなって途中で止めてしまう可能性もあるので、それはご了承あれ。

アメブロも見てね!

ameblo.jp

ameblo.jp