悪魔ハンター桐嶋ローダVS八咫烏

PS2ソフト『デビルサマナー葛葉ライドウ対超力兵団』と続編及び『葛葉ライドウ』シリーズの復活を阻止したいと思うメガテニストが書くブログ。ただしライドウは尊いと思っているよ?

「ヤタガラスはなぜ怖ろしいのか?」の一部修正について。『ライドウ対超力兵団』の歴史観は「皇国史観」である…

(※画像は筆者の『すみっコぐらし』ぬいぐるみコレクションなど。イメージです)

本家「ろーだいありー」で連載中の「『超國家機関ヤタガラス』はなぜ怖ろしいのか?」シリーズのうち、第五回目以降を一部修正したことをお知らせする。

詳しくは下記のリンクより。

kirishimaloda6915.hatenablog.com

主な修正点は、今までは「歴史修正(改竄)主義」としていたところを「歴史捏造主義」に変更したことと、その他一部の文章・表現の修正、文章の追加など。また固定ページ「用語辞典」も一部修正済み。

こちらを参照。

lucyukan.hatenablog.com

なぜ「歴史捏造主義」としたかって? それは右翼による歴史の改竄が進む今の日本の現状を見ると、「歴史修正(改竄)主義」では生温く、思い切って「歴史捏造主義」とした方がいいと考えたから。

何度でも言うが、『デビルサマナー葛葉ライドウ対超力兵団(Devil Summoner: Raidou Kuzunoha vs.the Soulless Army)』(PS2。以下『超力兵団(Soulless Army)』)の歴史観は明らかに「皇国史観」そのものである。第伍話や第八話を見れば分かる。皇国史観とは「戦前・戦中の日本*1で教えられていた歴史観」のこと。要は「『古事記』に書かれた天孫降臨は現実にあったことであり、万世一系の天皇は神の子孫で、日本は天皇を中心とした神の国である」といったもので、もちろんそれは嘘なのだが、かつての日本人はそれを信じてアジアへの侵略戦争や植民地支配を繰り返した…。

日本にはそんな過去があるのに、それを悪びれもせずに青少年向けゲームに「皇国史観」を取り入れることは、「戦争の反省が無い」と言われても仕方が無いだろう。そして今の日本は歴史捏造主義が蔓延しており、ある意味では「皇国史観」が復活しているとも思える惨状である。

ゲームが青少年へ与える影響力の大きさを考えれば、『超力兵団(Soulless Army)』及び続編は今の世の中には復活させたくない。さらに『ライドウ』シリーズの新作制作も反対なのは、今の時代では絶対に「歴史捏造主義」に毒された歴史観が入って来るから。それを非常に危惧している。

 

ブログへのご意見・質問等はTwitterで承ります。

ただしクソリプ、暴言、迷惑行為、誹謗中傷、悪質なデマ等は通報してミュートし、その後は一切関わりません。トランスカルト信者(トランスジェンダリズム信奉者)や嫌韓ネトウヨなどはお断り。個人的に苦手な人もミュート・ブロックします。トランスカルト信者については積極的にブロックする。

ダイレクトメッセージも解放中。中傷などの迷惑なメッセージは即通報して削除します。出会い系やアダルト系もお断り。

ブログやTwitterを削除しろなどといった要求には一切応じません。万一脅迫などがあった場合は然るべき対応を取らせていただきます。

*1:日本が植民地支配した国も含む