悪魔ハンター桐嶋ローダVS八咫烏

PS2ソフト『デビルサマナー葛葉ライドウ対超力兵団』と続編及び『葛葉ライドウ』シリーズの復活を阻止したいと思うメガテニストが書くブログ。ただしライドウは尊いと思っているよ?

ソウルハッカーズ2は予想通りそんなに売れなかったね! もうライドウシリーズ再生も無いと信じたいけど…

(※画像は筆者の『すみっコぐらし』ぬいぐるみコレクションなど。イメージです)

ファミ通.comより。

www.famitsu.com

『ソウルハッカーズ2』(PS4他。以下『ハッカーズ2』)の初週売り上げは…、PS4・PS5版合わせて約五万本ほどか…。ダウンロード版も含めればもっと行くかもしれないが、やはり思った通り「それほどヒットはしない」んだな…。これが爆売れしたらどうしようかと思ったが、予想通りで良かったし、評判もあまりよろしくはないようで…。

これで『ライドウ』シリーズ再生は無くなったと信じたいのだが…。そして『デビルサマナー葛葉ライドウ対超力兵団(Devil Summoner: Raidou Kuzunoha vs.the Soulless Army)』(PS2。以下『超力兵団(Soulless Army)』)と続編のリメイク等の可能性も無くなったと信じている。

ある『ハッカーズ2』レビューによるとこれは「ポリコレやコンプラに配慮して作られている」とのことなので、やはり今の時代では『超力兵団(Soulless Army)』のような「ポリコレ的にはアウト」なゲームは出せないよな…、と思う。「大正天皇としか思えない重要人物を救わないといけない話」は「天皇賛美」だからアウトだと思うよ。天皇賛美は植民地支配と侵略戦争の美化と言われるからね。特に日本以外のアジア圏では間違いなく反発を買うでしょ。アジア圏でもゲームを売りたいアトラスとしては避けるだろうね。